Microsoft Researchが新技術「FlashBack」を発表。モバイルでも高品質なVR体験が可能に

米マイクロソフト(Microsoft)社の研究部門であるMicrosoft Researchが、モバイルVR端末でも高品質なVR体験を可能にする「FlashBack」という新技術を発表しました。

FlashBack

モバイルVRでもHTC ViveやRift並みのVR体験が可能に

「FlashBack」は、ライス大学のKevin Boos氏、Microsoft ResearchのDavid Chu氏とEduardo Cuervo氏らによって研究論文として発表されました。この新技術は、Samsung Gear VRやGoogle CardboardなどのモバイルVR端末でもOculus RiftやHTC ViveのようなPCベースのVRデバイスと同じくらい高品質なVR体験を可能にするというもの。

FlashBack

モバイルVR端末の利点として、常にPCにコードで繋がれるHTC ViveやRiftとは異なり、装着したまま自由に動き回れるということが挙げられます。しかしハイエンドVRHMDと比べ、解像度が低いという問題点があります。

「FlashBack」と呼ばれる技術は、全ての映像をリアルタイムでレンダリングするのではなく、ユーザーが見る可能性のある全てのシーンのあらゆる角度からの画像を、事前に計算しキャッシュ(保存)しておくことで、GPUの負荷を軽減し画質の向上をはかるというもの。

これを飛び出す絵本に例えると、ハイエンドVRHMDは絵本をめくる度に全ての飛び出す絵を描画する処理を行うのに対し、FlashBaskでは事前に絵本の絵を用意しており、ページをめくる度に用意しておいたものを見せるという処理がおこなわれます。

FlashBack

実際にFlashBackを用いた映像の比較動画

https://www.youtube.com/watch?v=XSdr8gjZa6I

驚異的な効果を発揮する「FlashBack」

論文によると、従来の処理を行うモバイルVRに比べ、フレームレートが8倍向上し、フレームあたりのエネルギー消費量も97倍削減、さらにレイテンシ(遅延時間)は15倍低減されたという結果を得たとのこと。

本研究は実用化が非常に期待される技術です。

(関連)
マイクロソフト、HoloLens開発者版の予約を開始、出荷は3月30日北米のみ

マイクロソフト、MRヘッドセット「HoloLens」を医学の教育現場で活用する新たな動画を公開

(参考)
Microsoft’s ‘FlashBack’ Could Bring Mobile VR Up To Rift/Vive Performance Levels(英語)
http://uploadvr.com/microsoft-flashback-bringing-mobile-vr-rift-and-vive-levels/

Microsoft Research(英語)
http://research.microsoft.com/en-us/

この記事を書いた人

  • fukafuka_san

    VRやARなどのロマン溢れる最先端技術に興味のある理工系大学院生です。趣味でホームページや動画の制作も行っており、現在は「Mogura VR」さんにてVR関連の記事を執筆しております。

    Twitter:@FukaFuka295

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/