Motion Technology、50ヶ所のVR体験用施設を2020年までに開設予定

Motion Technology社は、2020年までに韓国や中国で50ヶ所のVR体験用施設を開く予定であることを発表しました。来年3月にその1号となる施設を設立し、市場に進出するとのこと。

VRコンテンツ用触覚チョッキ

韓国Motion Technology社はモーションキャプチャ技術を提供している企業で、モーションキャプチャ領域で多くの特許を得ています。同社はG-STAR 2016(Global Game Exhibition)にて、モーションキャプチャを活用したVRコンテンツの体験版を発表しました。

同社の初めてのVRコンテンツは『VirtureX』。これはVRコンテンツ用触覚チョッキ、VRグローブと各種VRガンなどを使用するものです。ワイヤレス型のVRコンテンツとなり、自由に行動できるゲームです。

『Space Guardian』

VR体験用施設にコンテンツを提供するために、Motion Technology社はコンテンツ開発を行うUNDERDOG STUDIO社を設立しました。

『Space Guardian』は同社の第一作となります。FPSとSFを融合したもので、体験者は宇宙空間で歩く、ジャンプ、射撃といった動作を楽しめます。

(参考)

Motion Technology计划2020年前开设50家主题公园

http://news.87870.com/xinwennr-16327.html

関連記事はこちら

この記事を書いた人

  • image02

    日本語学科在籍の中国人です。機械と技術にロマンを感じながら、世界を変える可能性が潜んでいると信じています。来年の日本留学に期待し、日々ワクワクしています

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/