VRでプラモ制作『Monzo VR』がリリース


2月7日、チェコのゲームスタジオMADFINGER GamesはVR空間でプラモデルを作る『Monzo VR』をリリースしました。12月12日という当初のリリース予定日からはかなり遅れる形となりましたが、無事に配信開始となりました。さらに、次のアップデートで日本語UIにも対応するとのこと。

VR空間でプラモデル『Monzo VR』

プレイヤーは和室や、山々が見渡せるアウトドアの環境など、4つの作業環境を選択することができ、そこでプラモデルを組み立てることができます。
組み立てる事ができるプラモデルの種類は多種多様で、自動車やオートバイ、ヘリコプターなどの乗り物だけでなく、恐竜や銃器などのプラモデルもあります。


さらに、今後のアップデートで歴史を遡るようなコンテンツ(ダ・ヴィンチの手漕ぎボートなど)や、逆に未来を体験できるようなコンテンツが登場予定とのこと。


VR空間内で、パーツ選びから、組み立て、塗装、ステッカーなどの貼付けなど、プラモデリングのすべてを行うことができます。
また、VRの特性を活かして、自分で制作したプラモデルの内側に入り、デザインがどうなっているのかを鑑賞できることが特徴です。

https://www.youtube.com/watch?v=xETvzpv_3xY

車を制作している様子

『Monzo VR』概要

価格:1990円
言語:英語のみ(次回アップデートで日本語に対応予定)
対応デバイス:Oculus Rift・Gear VR

ストアURL
Oculus Rift
https://www.oculus.com/experiences/rift/1038161626233592/
Gear VR
http://ocul.us/2iL0ng4

公式サイト
http://www.monzovr.com/

(参考)
http://www.monzovr.com/

この記事を書いた人

  • 情報系の学生です。VRやARについて勉強中。より多くの方にVRの魅力を知っていただけるよう頑張ります!

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ