モノビット、TGSに展示される「Linked-door」VRデモの制作に関与

株式会社モノビットは、2016年9月12日、KDDIが東京ゲームショウ2016にて展示を行う複数人参加型のVRデモ「Linked-door loves Space Channel 5」の制作を一部担当したことを発表しました。

モノビット スペースチャンネル5VR

モノビットは、KDDIが本VRデモでテーマとしている「人と人とがVR空間内で繋がること」において、VRボイスチャットなどのコミュニケーションを可能にする「Linked-door」部分の制作を行ったとのこと。

『Linked-door loves Space Channel 5』では、VR空間内で他のユーザーと出会い、一緒に歩きながら音声で会話したり、ダーツで遊んだりするといったコミュニケーションを体験できるとのことです。コンテンツの最後には、セガ(現・セガゲームス)より約15年前に発売されたダンスと音楽を題材にしたゲーム『スペースチャンネル5』の世界の中をVRで楽しめるデモ版を体験できます。

(参考)
モノビット、KDDI発表の東京ゲームショウ2016公開VRデモ「Linked-door loves Space Channel 5」の「Linked-door」に関わるコンテンツを制作!マルチコミュニケーションもモノビットエンジンで実現!!
http://monobit.co.jp/モノビット、kddi発表の東京ゲームショウ2016公開vrデモ/

関連記事はこちら

この記事を書いた人

  • ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」編集長 兼 Mogura VR副編集長。
    大学在学中にインディゲームをテーマとした論文を執筆。NHKのゲーム紹介コーナーへの作品推薦、株式会社KADOKAWA主催のニコニコ自作ゲームフェス協賛企業賞「窓の杜賞」の選考委員として参加、週刊ファミ通誌のインディーゲームコーナーの作品選出、株式会社インプレス・窓の杜「週末ゲーム」にて連載など。VRとゲームの交わる先が気になります

    Twitter:@poroLogue

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!
詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ