2017年、Mogura VRで最も読まれた記事は?ランキング発表

2017年もいよいよ年末になりました。VR/AR/MRに関連する話も色々なところで盛り上がりを見せました。VRだけでなく、ARやMRに関係する技術も登場し、総称して「XR」という言葉が使われるようになったのは印象的です。

そんな2017年を様々な角度から振り返ってみたいと思います。今回は、2017年に掲載した記事の中からアクセス数の多かったニュース記事を中心に紹介します。どんなニュースが最も注目を集めたのか、トップ10を見ていきましょう。

第10位

PlayStation VR(プレイステーションVR、PSVR)で3Dブルーレイの再生が可能になったニュース。自宅で大画面の3D映画を楽しめるようになりました。劇場で3D眼鏡をかけるよりも、立体視が正確に再現されており、3D映画を見る環境としてPSVRはかなり優秀です。PSVRをお持ちの方はぜひお試しください。

第9位

グーグルのスマホAR機能「Tango」を使って、現実を映画「マトリックス」風に描写するアプリ。未来感のある見た目のインパクトが話題となりました。なお、グーグルはAndroidスマホで広く使えるAR「ARCore」の提供を開始し、専用のスマートフォンを使うTangoは2018年3月に終了することを発表しています。

第8位

元芸能人で覚醒剤所持・使用で3度の逮捕を経た田代まさし氏の1日を取り上げた360度ドキュメンタリーです。NHKの提供する360度動画によるVR報道サービス「NHK VR」で公開されています。

第7位

2017年2月28日、2016年の告知以来幾度にわたって注目を集めてきたVRアダルトゲーム『VRカノジョ』が発売されました。当初から注目度も高かったゲームですが、発売時にもサーバーがダウンするなど、さらに注目を集めました。制作を行ったイリュージョンからは、全年齢版『VRカノジョ サマーバケーション』や女性向けの『VRカレシ』の制作も発表されています。

第6位

12月20日、総額19億ドル(約2,100億円)以上もの資金調達を行いながら、一切の詳細が不明だったARスタートアップMagic Leap社からついに製品の名称とデザインが明らかになりました。「Magic Leap One」という眼鏡型のARデバイスは2018年についにクリエイター版が発売されます。

第5位

VRとフィットネスの分野は相性が良いとされています。その効果が減量という形で分かりやすく可視化されたのがこちらのニュースでした。こちらの記事では自転車用コントローラーでの減量ですが、家庭用のVRゲームでどの程度カロリーを消費するかを計測した情報の公開などもありました。

第4位

VRを使ったサプライズ企画も行われました。2人でアーケードVRを体験中にVRの中の様子が切り替わり、プロポーズを行った事例の紹介です。他にもゴーグル装着中に周囲の人々がお祝いの準備をして、はずした瞬間にプロポーズをするという事例もありました。

第3位

グロテスクな世界観で有名なPCゲーム『沙耶の唄』の世界観を個人開発者がVRで再現した動画がTwitter上で話題となりました。「現実世界の写真に同ゲームの世界観を被せる」ことで自分の部屋が禍々しい世界に変わってしまうその再現度が印象的でした。

第2位

リコーの社員が同社の360度カメラTHETAを使って、エベレストの頂上で撮影をした写真を取り上げた記事が最も注目を集めたニュース記事でした。世界最高峰のエベレストからの眺めと、登頂を達成した面々の様子が印象的です。

第1位

2016年10月14日の発売以来、1年強で全世界の累計出荷台数が200万台を突破したPSVR。そして、VRコンテンツの中でも注目を集め続けた『DMM VR』。『DMM VR』のPSVR版に関する記事が2017年公開記事の中でアクセス数トップを記録しました。

なお、『DMM VR』PSVR版はアップデートが行われ、テレビにプレイ内容を表示しないオプションが追加されています。

ランキングを振り返って

2017年も様々なニュースがありました。2017年は「コンテンツの年」という見通しの業界関係者もいましたが、ランキングで振り返ってみると「VRやARで何ができるのか」ということに焦点をあてた記事により多くの注目が集まった年でした。

2018年もどのようなニュースが飛び出すのか、注目したいところです。

Mogura VRの新サービス!
VR体験施設の検索サイト「Taiken.tv」
VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」
公式Twitterはこちら!

関連するキーワード: ARCoreDMM VRMagic Leap OneNHK VRPlayStation VRTHETAVRカノジョ

この記事を書いた人

  • Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!