NASA、PlayStation VRを宇宙空間でのロボット操作に活用するシミュレーションを作成

NASA(アメリカ航空宇宙局)とソニーは宇宙空間におけるロボットアームの操作にPlayStation VRを使用していることが明らかになりました。PlayStation VRは、PS4向けのVRヘッドマウントディスプレイです。

image201512151913311

人間に近い形をし、動きをするヒューマノイド・ロボットは、宇宙空間での作業などに使用する目的で作られています。NASAはこうしたロボットの動きをいかに人間らしくするかを追求してきました。その一つである「Robonaut 2」をコントロールする方法として、VRを活用しています。従来よりコラボしていたソニー(PS Moveコントローラーなどを開発したRichard Marks氏率いるSCEA Magic Lab)とNASAが開発したPlayStation VR向け技術デモ「Mighty Morphenaut」は、遠隔操作でオペレーターの動きをPS Moveを通して伝えロボットを動かします。

https://www.youtube.com/watch?v=mrpHJ5Qya90

今回の技術でもはまだシミュレーションです。通信などで生じるタイムラグを表示するような機能を搭載しています。しかし、まだ解決すべき点も多く、実際に浮遊して動いている物を掴んだりするようなインタラクションはまだ難があるとのこと。

NASAは、宇宙探査に活用するため、他にもOculsu RiftやVirtux Omni、HoloLensといった様々なVR/ARデバイスの活用可能性を研究しています。

(参考)
Road to VR / NASA Looks to PlayStation VR to Solve Key Challenge of Space Robot Operation
http://www.roadtovr.com/nasa-sony-playstation-vr-remote-robot-operator-training/

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/