マイクロソフト、10月3日にMRをテーマにした発表会開催

Microsoftは、メディアを対象とした招待制のWindows Mixed Reality(Windows MR)のイベントをサンフランシスコで開催する予定していることが分かりました。現地時間で10月3日に行われる予定です。

このイベントは深度カメラであるKinect、シースルー型のMRデバイスであるHoloLensの開発者Alex Kipman氏がホストを務めます。

マイクロソフトは10月17日よりPCに接続してVR体験が可能な没入型MRヘッドセットの発売を予定しています。DELLやAcerなどPCメーカー各社から発売されるヘッドセットは、299ドル(約4万円)から、と比較的手頃な価格帯で登場します。USBケーブルとHDMIケーブルをWindows 10のPCに差し込むだけで外部センサー不要でVR体験が可能となります。

また、10月17日のMRヘッドセットの販売に伴い、マイクロソフトはWindows 10 のアップデートも行う予定です。

マイクロソフトは2016年10月に開催した発表会にてMRヘッドセットを発売することを発表しています。今回のイベントはメディア向けということで、マイクロソフトのMRに関する展開について何らかの発表がある可能性が高く、注目が集まります。

(参考)
Microsoft to hold Mixed Reality event on October 3rd in San Francisco/theverge(英語)
https://www.theverge.com/2017/9/18/16328344/microsoft-windows-mixed-reality-launch-event-san-francisco-october-3

関連するキーワード: MicrosoftWindows MR

この記事を書いた人

  • VRやAR、画像処理、ロボットビジョンについて研究している学生。VR、ARコンテンツに触れるだけではなく、自分でコンテンツを制作しVR、ARの面白さ、楽しさを広める活動をしている。

    SNSアカウント:
    Twitter:@JackMasaki

  • Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!