マイクロソフト、HoloLensでビジネス変革を支援 三菱バスに

日本マイクロソフト株式会社は、MR(複合現実)などの技術を活用し、三菱ふそうトラック・バス株式会社(MFTBC)が進めるビジネス変革を支援しています。

MFTBCは、社員や顧客、デバイスやトラック、工場までをシームレスに接続することで、生産性を高めることを目標としているとのことです。

https://www.youtube.com/watch?v=reWpvrUMdFM

日本マイクロソフトがMFTBCに対して行っている支援の1つとして、同社が展開するMRデバイス「HoloLens」を活用したプロジェクトが進行しています。HoloLensは、現実空間に映像を重ねて見ることができるデバイスです。

本プロジェクトでは、エンジニア、設計者が同時に視覚化された3Dデータを確認しながら進める新たな車両の設計開発や、メンテナンスなど、HoloLensを用いた準備が進められています。

そのほか、日本マイクロソフトが同社に対し取り組んでいる支援は、問い合わせの多い質問に対して適切かつタイムリーな回答を提供する「AIを活用したチャットボットの導入」、マイクロソフトのIoTソリューションMicrosoft Azure IoT Hubを活用した「運行管理システム」などがあります。

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!

関連するキーワード: HoloLensマイクロソフト三菱ふそうトラック・バス

この記事を書いた人

  • ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」でライターをしています。Mogura VRではライティングなどを担当しつつ、VRの魅力を伝えられればと思います。

    Twitter:@MD5ch_com