【Gear VR】童心に返るミニカーレース『Micro Machines VR Racing』

今回紹介するのは、ステージを見下ろす3人称視点でプレイするミニカーのレースゲーム『Micro Machines VR Racing』です。さまざまな種類のミニカーに加えて、ノートや鉛筆、食べ物など、身の回りの物で作られたステージが、子ども心をくすぐります。

身の回りの物で作ったステージとサイズ感


机の上の料理や食器を雑多に置いて作ったステージ。その上をお気に入りのミニカーでレースします。決して1人称視点ではなく、3人称視点でステージを見下ろすというのが、レースを楽しむ子どものような気分にさせてくれます。


タッチパッドで操作する場合は、視線の方向にミニカーが進むようになります。パッドをタップすると、ステージ上で獲得したアイテムを使用できます。

ゲームパッドでも操作できますが、慣れないと操作が難しいです。スティックによる進行方向の操作が、ミニカーの向きに依存しています(プレイヤーから見てミニカーが下を向いているとき、方向の操作が上下左右反転します)。


台から跳んだり、電流が流れている場所があったりと、ギミックも溢れています。雑多に置かれた障害物の合間を縫うようにして、意外な近道コースが見つかったりすることも。

レースの難易度は低めに設定されているため、レースゲームが苦手な人でも手を付けやすくなっています。

多くの種類のステージとミニカー、長く遊べる

ステージはキッチン、勉強机、おもちゃなどで作られた場所などがあり、その中でもさらにさまざまなコースが用意されています。レースで上位になってポイントを稼げば、次のステージが登場します。

レースでコインを獲得すれば、新しいミニカーを買うことができます。種類は普通の自動車からブルドーザーや戦車までさまざま。


中にはなるべく早くゴールすると点数が高くなるタイムアタック形式のステージや、レースで車を抜いた分だけ点数が上がるステージなども。さまざまな形態のステージが用意されており、プレイヤーを飽きさせないように作られています。

プレイヤーの視点はあまり動かさないシステムのため、VRらしさを感じる部分は少なめです。しかし、360度がゲーム画面になり、通常より雰囲気の出るVRでミニカーのレースを再現することにより、子ども心をくすぐる雰囲気づくりができています。

日本語非対応ですが、メニュー画面で使われる簡単な単語がいくつかわかれば、十分楽しむことができます。

<ソフトウェア情報>

タイトルMicro Machines VR Racing
メーカーCodemasters
開発者Codemasters Gear VR
ジャンルレーシング、アクション、ゲームセンター
価格990円
言語英語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、スペイン語
コントローラーゲームパッド、タッチパッド
評価3.7
対応ハードウェアGear VR
入手方法Oculus Storeよりダウンロード
リリース日2016年12月1日
ダウンロードhttps://www.oculus.com/experiences/gear-vr/1082826128464888/
公式サイトhttp://www.codemasters.com/

<Mogura VR的評価>
【オススメ度】★★★★☆
【快適さ】★★★★★
【操作性】★★★★☆

関連するキーワード: Gear VRコンテンツ紹介

この記事を書いた人

  • 東京工科大学メディア学部所属。ゲームを作りつつ、ゲームとシナリオ・世界観、演出辺りの研究のようなものをしています。VRで新しいゲームシステムやシナリオの表現方法が、どんどん開発されていったらいいなと思っています。

    Mogura VRのライター一覧はこちらhttp://www.moguravr.com/writers/

  • Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!