NVIDIA、厚さ18ミリ・GTX1080搭載の薄型ノートPC「Max-Q」発表 6月発売

PCグラフィックボードメーカーNVIDIAは、グラフィックボード「GeForce GTX 1080」搭載の厚さ18ミリの薄型ゲーミングノートPC「Max-Q」を6月27日より販売開始すると発表しました。

NVIDIAのグラフィックボードのうち、VR対応(VR Ready)となっているものは「GeForce GTX1000」シリーズのGTX1060、GTX1070、GTX1080などが存在しています。本ノートPCには、VR体験を行う環境を十分に満たすGTX 1080が搭載。ゲームプレイに十分なパフォーマンスを提供すると同時に、消費電力を低減させるクロック曲線などが組み合わされています。

また、本体の厚さが18ミリという、従来のゲーミングノートPCよりも薄い設計になっている点も特徴です。持ち運びがしやすいと自宅に限らず、外出時のVR体験の機会も増えるかもしれません。

本ノートPCには、処理の高速化と軽量化を望むことができ、ゲームを常に最適化した状態を保つ同社のアプリドライバー「NVIDIA GeForce Experience」の対応も予定しているとのことです。

(参考)
NVIDIA

この記事を書いた人

  • ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」でライターをしています。Mogura VRではライティングなどを担当しつつ、VRの魅力を伝えられればと思います。

    Twitter:@MD5ch_com

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ