ゲームプレイ感覚で死後の世界体験するVRアニメ『Manifest 99』

米国のダラスを拠点にするコンテンツ制作企業、Flight SchoolによるVR作品『Manifest 99』が登場しました。本作はゲームというよりはゲーム的な要素を盛り込んだVRアニメーションで、死後の世界を舞台として複数のキャラクターの物語を体験するという独特な内容のコンテンツです。

『Manifest 99』とは

プレイヤーは死後の世界を通過する不思議な電車に乗り、車内にいる4人のキャラクターが持つそれぞれのストーリーを体験します。登場するのは擬人化した動物で、クマと鹿、フクロウ、カラスが登場します。

https://www.youtube.com/watch?v=fwJXsQ_GcJM

本作はプレイ時にコントローラー操作を必要とせず、視線での操作によってコンテンツが進行します。電車内にいるキャラクターに視線を合わせると、プレイヤーはそのキャラクターの身体に乗り移って、それぞれの物語を体験します。4人が終着地点に着くまでの旅をアシストするというのが本作のコンセプト。旅の間にプレイヤーと他の4人はなぜこの電車に乗っているのか、という謎を解きます。

『Manifest 99』はゲーム的な要素を取り入れたVRアニメーションで、従来の映画やアニメとは異なる独特な操作で鑑賞する作品です。本作はPlayStation VR(日本では未対応)、Oculus Rift、HTC Viveに対応しており、日本ではSteamとOculus Storeにてダウンロードできます。約590円です。

(参考)
VRScout / Manifest 99 VR Experience Tackles the Difficult Topic of Death(英語)
https://vrscout.com/news/manifest-99-vr-experience/

Mogura VRはVRScoutのパートナーメディアです。

関連するキーワード: Manifest 99

この記事を書いた人

  • PSVRを体験したことをきっかけにVRにハマり込みました。VR空間の住人になることを夢見つつ、日々VR/ARの最新情報を追っかけています。

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ