iPadとApple Pencilを使い、ARで現実にない彫刻を掘る


iPadに2017年秋に搭載されるAR機能を使い、Apple Pencilを使って彫刻を作成できるデモコンテンツがYouTubeに公開されました。これは、インド在住の開発者Fabin Rasheed氏がAR機能用の開発ツールARKitを使って開発した『MakerStudio』というコンテンツです。

iOS(ARKit)の他にも、VRヘッドセットのHTC Viveや透過型MRデバイスHololens、スマートフォンARのGoogle Tangoでも配信予定です。

https://www.youtube.com/watch?v=HIUVwuRiPes

MakerStudioのデモ動画を見ると、ユーザーはApple Pencilで彫刻の一部を伸ばしたり、窪ませたり、掘ったり、色付けしたりといったアクションが可能です。スマートフォンを動かすことで彫刻の前面だけでなく、側面に編集を加えることもできます。

このアプリを使えば建築前に建物のモデルを実際の建築現場に作成したり、AR空間で服をデザインしたりといったことが可能です。想像力があれば、さまざまなことに応用できそうです。

MakerStadioのサイトはこちら。メール購読をすると最新情報を受け取れるとのこと。iPhone、iPadのAR機能は2017年秋のiOS11へのアップデートと同時に提供されます。

(参考)
Mashable / ARKit developer shows first app for sculpting in AR using Apple Pencil -(英語)
http://mashable.com/2017/08/26/apple-arkit-ar-scuplting-app-apple-pencil/#pYMdUyJbzmqL

関連するキーワード: ARKitiPhone ARMakerStudio

この記事を書いた人

  • IT・テック系を中心にライター兼翻訳者として活動。ゲーム翻訳にも携わっています。エンタメや医療などさまざまな分野で存在感を増すVR・ARに興味津々です。特に身近なモバイルVRのこれからに注目しています。

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ