鉄道擬人化美少女ゲーム『まいてつ』 PSVR対応版が発売

2016年に発売した鉄道を擬人化したPC向けアダルトアドベンチャーゲーム『まいてつ』が、2018年7月26日よりPlayStation 4向けとしてコンシューマ版が発売されることが明らかになりました。本作はPlayStation VR(プレイステーションVR・PSVR)対応となっています。

本作は、九州の熊本を思わせる架空の街「隈本市」を舞台に、SL機関車が走る様子を描いたアドベンチャーゲームです。

本作の物語は、鉄道事故で家族を失った主人公の「右田双鉄(みぎた そうてつ)」。彼が偶然目覚めさせた「ハチロク」や義理妹で絵描きの「日々姫」や市長で社長の「ポーレット」らと、それぞれの目的のため、行方不明になっている8620の探索を開始します。

公式サイトによると、VR体験については、どういった体験が行えるか、一部または全編を通して行えるかなど、詳細については明らかにされていません。また、特別豪華版では本作と「VRビューワー付き」のセット販売も行われるとのことです。詳細は公式サイトの紹介ページより。

ソフトウェアの概要

タイトル

『まいてつ -pure station-』

対応機種

PlayStation 4、Play Station VR対応

販売価格

通常版 6,800円(税別)
特別豪華版 with タペストリー:12,800円(税別)
特別豪華版 with 抱き枕カバー:18,800円(税別)
特別豪華版 with フィギュア:26,000円(税別)

発売日

2018年7月26日

CERO

審査予定

公式サイト

https://maitetsucs.com/

(参考)
『まいてつ -pure station-』
https://maitetsucs.com/


※Mogura VRでは現在「VR体験施設の利用に関するアンケート」を実施しています。数分程度の簡単なオンラインアンケートですので、ぜひご協力をよろしくお願いします。

関連するキーワード: PlayStation VRまいてつ -pure station-

この記事を書いた人

  • ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」でライターをしています。Mogura VRではライティングなどを担当しつつ、VRの魅力を伝えられればと思います。

    Twitter:@MD5ch_com