Magic Leap、同社の技術をMRライトフィールドと呼称

Googleなどから支援を受け、AR/MRデバイスの開発を続けているMagic Leapは同社の最新の状況とともに、同社が開発中の技術を「MRライトフィールド(Mixed Reality lightfield)」と呼称しました。

Magic-Leap-Dragon

CEOのRony Abovitz氏は同社のブログに投稿し、製品化に向けたサプライチェーンの整備と製造にとりかかっており、製品化が近いことを明らかにしています。なおRony氏はブログの投稿の中で、今回製造を行っているものは「我々の取り組みの全てではないが、新しい方向へ向かう大きな一歩になる」としています。

そして彼らは自身の技術を「Mixed Reality lightfield」と名付けたことを明らかにしました。lightfieldは光線空間とも訳される概念で光の存在する空間のこと。Magic Leapは、リアルタイムで実写映像中にリアルな CG を混ぜ込むMixed Realityを光線空間として認識できるようになる技術を開発しているようです。ライトフィールドとしての認識は、Oculus RiftなどのVRヘッドマウントディスプレイの立体視とは異なる方法で視覚的な認識を行うこととなります。

このライトフィールドを使ったVRヘッドマウントディスプレイはスタンフォード大が2015年に試験的なものを発表しています。

Magic Leapは2015年12月に8億ドルの資金調達のほか、それまでにもGoogleなどから合計14億ドル(約1680億円)の資金調達を行っています。

Rony氏のブログポストは長文に及び、彼らの技術がもたらす意義について語られているものの、Magic Leapが開発している製品の具体的な姿は明らかになっていません。

2015年10月に公開された映像

https://www.youtube.com/watch?v=kw0-JRa9n94

(関連記事)
Magic Leap、シリーズCで8億ドル以上を資金調達
スタンフォード大、より没入感が高く酔いの少ないVRヘッドセットを発表

(参考)
Magic Leap / atoms not included
http://www.magicleap.com/#/blog/atoms-not-included

UploadVR / Magic Leap Raises $794 Million And Announces “Mixed Reality Lightfield”
http://uploadvr.com/magic-leap-announces-mixed-reality-lightfield-amid-huge-funding-round/

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/