米AR(拡張現実)スタートアップのMagic Leap、シリーズCで8億ドル以上を資金調達

VR/AR(拡張現実)/MRに関するプロダクトを開発中のMagic LeapはシリーズCラウンドで8億ドル(約960億円)以上を資金調達しました。

Magic-Leap-Dragon

同社は昨年10月にGoogleなどから5.4億ドルの資金調達を行っています。またそれ以前には5000万ドルを調達しており、これまでの資金調達額は14億ドル(約1680億円)程度にも達しています。

同社が開発中のプロダクトに関する情報は、数ヶ月おきに公開されるティザーのみ。今のVRヘッドマウントディスプレイにあるような両眼に違った映像を映し出す立体視による3Dではなく、ライトフィールド(光線空間)そのものを再現するような技術を研究している。もし実現したら現実に様々な物を投影しているかのように見ることも可能になるので画期的なデバイスになりますが、具体的にどのようなものになるかは依然として謎に包まれている状況です。

同社は最近、イスラエルに新たにオフィスを開設したほか、フロリダに26万平方フィート(2.4万平方m)の施設を建造しています。

11月に公開された最新のティザーはこちら

https://www.youtube.com/watch?v=kw0-JRa9n94

(参考)
Upload VR / Report: Magic Leap raising more than $800 million
http://uploadvr.com/report-magic-leap-raises-more-than-800-million/

Mogura VRの新サービス!
VR体験施設の検索サイト「Taiken.tv」
VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」
公式Twitterはこちら!

この記事を書いた人

  • 慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。VRジャーナリスト。
    VRが人の知覚する現実を認識を進化させ、社会を変えていく無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。VR/AR業界の情報集約、コンサルティングが専門。また、国外の主要イベントには必ず足を運んで取材を行っているほか、国内外の業界の中心に身を置きネットワーク構築を行っている。

    Twitter:@tyranusii

  • Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!