Magic Leap、ILMxLabと提携しスター・ウォーズの世界を現実に投影

MRデバイスの開発を行っているMagic Leapは、スター・ウォーズのキャラクターや戦略マップなどを現実に投影する新たな動画を公開しました。この動画は、映画「スター・ウォーズ」シリーズの製作を手掛けるルーカス・フィルムの下にある新技術研究チームILMxLabとの戦略的な提携によって作られたものです。

https://www.youtube.com/watch?v=lP5ZZI05A3g

Magic Leapは、アメリカのスタートアップで、ヘッドマウントディスプレイ型のMRデバイスを開発しています。このデバイスを装着することにより、現実に様々なグラフィックを投影することができます。

公開された動画では、同シリーズでお馴染みのドロイド、C-3POとR2-D2が現実の世界を動き回ります。また、戦闘機が戦闘を繰り広げている様子をホログラフィックで立体的に表示、まるで映画の中のシーンのような光景が再現されています。

Magic Leap

Magic Leap

Magic Leap

このように非常に期待のできそうな動画を公開するMagic Leap。Mogura VRでもこれまでお伝えしてきたように、Google等から多額の資金調達を行っています。その技術の詳細とデバイスの外見等は未だに発表されておらず謎に包まれています。

Magic LeapとILMxLabは今回の提携により、「コラボレーション・ラボ」を創設することを明らかにしています。今後どのようなコンテンツが実現するのか注目したいところです。

(関連記事)
巨額の資金調達で注目のMRデバイスMagic Leap。デザインが意匠登録から判明か

巨額の資金を集めているMagic Leap、現実空間に様々なものを投影。修正なしの新たな動画を公開。

(参考)
This is What Star Wars Looks Like Running on Magic Leap
http://www.roadtovr.com/this-is-what-star-wars-looks-like-running-on-magic-leap/

Magic Leap and ILMxLab Announce “Collaboration Lab” Strategic Partnership
http://www.roadtovr.com/magic-leap-and-ilmxlab-announce-collaboration-lab-stretegic-partnership/

※米UploadVRはMogura VRとパートナーシップを結んでいます。

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/