イギリスのマクドナルドが生産を伝えるためのVRを活用。トラクターに乗ってジャガイモ収穫

英国マクドナルドは、イギリス各地で行われる農業祭や収穫祭の会場に赴き、VRなどのテクノロジーを用いた、ユーザー体験型コンテンツを展示することを発表しました。

「Follow Our Foodsteps」と題されたこのキャンペーンは、マクドナルドを支える農家の仕事ぶりなどを紹介し、マクドナルドの生産ラインを顧客に理解してもらおうというもの。今年の5月11日~13日に行われる「Balmoral Show」からスタートして、年内12月までの7か月、計7か所の会場で行われる予定です。

Top of the Crop

体験可能なVRコンテンツは、Gear VRによる360度動画の視聴と、『Top of the Crop』という名前のOculus Rift(製品版)を用いたジャガイモ収穫体験マシーンです。

Gear VRの360度動画コンテンツは、無農薬の酪農場や、放し飼いの養鶏場を紹介するものなどで、イギリスのFuture Visual社と共同制作しています。

『Top of the Crop』は、Oculus Riftを被ってハンドル付きの筐体の前に座り、ジャガイモ収穫のトラクターを運転する体験ができるというものです。ラジオからの指示に従いながら、広大な畑でトラクターを走らせ、地面に埋まっているポテトを大量に掘り起こしていきます。制作にはイギリスのmake[REAL]社が携わっています。センサーなど環境を整えれば、トラクターの外までモーショントラッキングを行えるとのこと。

VR体験以外にも、マクドナルドのクルーとなってキッチンで注文を受けるシネマ体験(タッチパネルを用いる)なども用意されています。

https://www.youtube.com/watch?v=Dplxy9TaYvE

今年3月にはスウェーデンのマクドナルドにて、「ハッピーセットのおまけにVRゴーグルが付いてくる」というキャンペーンも行われるなど、VR技術を積極的に取り入れようとする動きが見られます。(紹介記事

(参考)
McDonalds is Using VR to Teach People About its Food Production (and Tractor Driving) – UploadVR
http://uploadvr.com/mcdonalds-using-vr-teach-people-uk-food-production/

※米UploadVRはMogura VRとパートナーシップを結んでいます。

この記事を書いた人

  • 1tQ5TzRU

    工学専攻の大学生。好きな科目は国語。趣味は歌などの創作でボーカロイドも使います。SAOのような物語が引き起こす、自他の文脈や人と世界の関係の集積へダイブすることを切望して止みません。将来もVRの傍に立っていたいと思います。

    Twitter:@yunoLv3

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/