「事後ピント合わせ」のLytro、奥行きを感じられる世界初のライトフィールドVRカメラを発表

カメラメーカーのLytro社は、VRで体験するためのライトフィールドカメラ『Lytro Immerge』を発表しました。

image201511060224051

Lytro社はこれまで、撮影後にピントを合わせることのできるライトフィールドカメラを開発、販売してきました。2015年2月には、VR向けの事業に舵を切るために5000万ドル(60億円)を資金調達したところです。

今回発表された『Lytro Immerge』は同社のライトフィールド技術をVRで鑑賞するためのカメラとして360度カメラに応用したものです。通常の360度カメラでは、平面的に見えますが、このカメラで撮影された360度動画は、実際に現実と同じように奥行きがあるように感じられます。実際にこのカメラでは、6度(約1m)の範囲であれば、撮影した空間の中を動くこともできるとしています。

image201511060227045

輪っか状の非常にユニークな形状をしていますが、それぞれの輪に組み込まれているカメラの数は合計すると数百にもなり、Lytro独自のイメージセンサーとつながっています。

image201511060236493

VRで体験したときに、その差は歴然としており、実際に実在感を感じるのは、奥行きがあるからこそとも言えます。高解像度のVRヘッドマウントディスプレイにも対応しており、片目2Kまで対応しているとのこと。解像度が挙がるほど実在感も増すことになります。

また、情報が多くなるため、1時間分の映像でも数TBの容量になるため、専用のサーバーが必要となります。また、ライトフィールドによって奥行きが実現することで、現実とCGの合成も今後可能になっていくとしています。

image201511060232564

専用のストリーミングサーバーも現在プロトタイプを用意しており、ストリーミング配信に関しても見据えているようです。

この『Lytro Immerge』は、2016年第1四半期の出荷を予定し、価格は「他のハイエンドシステムと同程度」になるとのこと。VRで奥行きを感じられる360度実写コンテンツも来年には登場することが予想されます。

発表と同時に公開された以下の動画では、この『Lytro Immerge』が紹介されるとともに、Vr​se、Paul and Felix、WEVRといったこれまでVR向けに360度映像を制作してきた大所のスタジオのクリエイターがコメントを寄せています。
https://vimeo.com/144034085

(参考)
UploadVR / Lytro announces world’s first light field VR video camera
http://uploadvr.com/lytro-immerge-vr-light-field-video-camera/

※アメリカのVR専門メディアRoad to VR、UploadVRはMogura VRとのパートナーシップを結んでいます。

この記事を書いた人

  • 慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!
短時間でできるものもありますので学生さん、主婦の方、海外在住の方も大歓迎です。

詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ