おとぎ話がテーマのVRゲーム『Luna』今月配信

2017年10月、インディーゲームスタジオFunomenaによる初のVRゲーム『Luna』が発売されます。本作はHTC Vive、Oculus Rift、Windows MRヘッドセットに対応し、VRを使わずにPCからプレイすることも可能です。

本作はPS3タイトル『風ノ旅ビト』のプロデューサーを務めたRobin Hunicke氏と、仲間の開発者であるMartin Middletons氏によって開発されています。両名が2013年に設立したFunomenaはこれまでにもGoogleのARプラットフォームTangoを利用したモバイルAR体験『Woorld』を配信するなど、VR/ARコンテンツの開発を行なっています。

>絵画調のアニメ的な世界観『Luna』は絵画調のアニメ的な世界観が特徴のゲームでおとぎ話のようなストーリーです。

ある静かな夜、一羽の鳥が不思議なフクロウによって惑わされ、月の一部を食べてしまいました。自然界のバランスが崩れて、嵐が巻き起こります。鳥は住処からはるか離れた場所へ飛ばされてしまい、元いた住処に帰ろうとする、というストーリー。

https://www.youtube.com/watch?v=02DmU_KuKUo

プレイヤーは鳥と一緒に作中でパズルを解いたり、プレイエリアに登場する生きたテラリウムを配置したり、カスタマイズしたり、触れあうことができます。また隠れた生き物を見つけたり、欠けた月を修復して、鳥が家路を見つけられるようにします。

『Luna』は10月18日のリリースを予定しています。現在価格は未公表。Steamにてすでにページがあるため詳細を確認できます。

(参考)
Road to VR / ‘Luna’ to Launch October 17th on Rift, Vive, and Windows VR(英語)
https://www.roadtovr.com/luna-launch-date-rift-vive-windows-vr-mixed-reality/

Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。

関連するキーワード: FunomenaLuna

この記事を書いた人

  • PSVRを体験したことをきっかけにVRにハマり込みました。VR空間の住人になることを夢見つつ、日々VR/ARの最新情報を追っかけています。

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ