アマゾン、AWSとTwitch統合のゲームエンジンLumberyardを無料公開。VRにも対応予定

アマゾンは、新たにトリプルAレベルのハイクオリティなゲームを開発できるゲームエンジンLumberyardを公開しました。言語はC++、利用は無料ですがAWSを使う場合は利用料が発生します。

20160209192743

Lumberyardは、3Dゲームの開発を行うことができるクロスプラットフォーム対応のゲームエンジンです。PCやPS4、Xbox Oneなど各コンソール機向けのゲームを開発することが可能です。クラウド接続していることにより、ゲーム開発をクラウド上で開発することが可能とのこと。FAQにはVRに関する言及もあり、Oculus Rift製品版向けのゲームも近いうちに対応予定(RIft SDK 1.0に対応)と明記されています。

アマゾンのサービスであるクラウドストレージ、AWSクラウド、そしてゲーム実況サービスTwitchが機能統合されています。Twitchは月間170万人の実況者が配信を行い、月間ユーザー数は1億を超えるゲーム実況サービスです。Twitchの視聴者がゲームに直接働きかけるような「Twitch Chat Play」が可能になるとのこと。

このLumberyardは、ドイツのCrytek社が開発しているCryEngineをベースに作られています。

(参考)
Lumberyard公式サイト(英語、無料ダウンロード可能)

https://aws.amazon.com/jp/lumberyard/

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/