野球を色々な視点から ロッテ対ジャイアンツの試合が360度ライブストリーミング配信

パシフィックリーグマーケティング株式会社(以下 PLM)は、3月18日にZOZOマリンスタジアムで行われる、プロ野球オープン戦「千葉ロッテマリーンズ VS 読売ジャイアンツ」の4K・360度動画をライブストリーミング配信します。

このライブ配信は、PLMが株式会社パノミルとコラボし、同社が提供する360度動画体験アプリ『パノミル』で視聴することができます。

浮かぶサブスクリーン、新機能「Masic Vision」

今回のVR映像ライブ配信には、『パノミル』の最新機能である「MagicVision」が導入されます。「Masic Vision」は、球場全体の360度動画の上に、3つの巨大な仮想サブスクリーンを浮かび上がらせる機能です。サブスクリーンには、ベンチ視点、キャッチャー視点の各アングルが表示されます。
「MagicVision」イメージ

「MagicVision」によって、テレビでは配信されない試合の様子やキャッチャー視点の映像を同時に楽しむことができます。

スマホで楽しめる、ライブ配信概要

配信内容 ZOZOマリンスタジアム プロ野球オープン戦
千葉ロッテマリーンズ VS 読売ジャイアンツ
配信スケジュール 2017年3月18日 13:00(試合開始)~試合終了まで
※ 雨天中止
視聴条件 「パ・リーグTV」有料会員である事
対象デバイス AndroidまたはiOSを搭載したスマートフォン
※ PC環境では視聴不可
料金 無料(パ・リーグTV有料会員のみ)
視聴方法 「パ・リーグTV」オフィシャルサイトから該当リンクをクリックすると『パノミル』が起動します。
事前に必要な準備 スマホに、アプリ『パノミル』をインストールすること。「ハコスコ」や「Google Cardboard」などのVRゴーグル(1眼表示には対応していないため、視聴にはVRゴーグルが必須となります)

配信システムについて

360度カメラおよび3つのサブカメラ映像の画角や解像度などを、視聴アプリに適した形で4K映像に加工合成します。その後、配信に最適な映像・音声フォーマットにエンコードし、得られた360度VRライブストリーミング映像を、AWS(アマゾン ウェブ サービス)上に構築された「パノミル」配信サーバーへアップロード。 アップロードされた映像は、「パ・リーグTV」のネットワーク(CDN)を介して、ユーザーのスマート端末にインストールされた『パノミル』アプリで視聴します。

(参考)
http://www.pixela.co.jp/company/news/2017/20170310.html

この記事を書いた人

  • 情報系の学生です。VRやARについて勉強中。より多くの方にVRの魅力を知っていただけるよう頑張ります!

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ