VRはさらに進化するのか 脳波と視線から感情を分析

韓国のスタートアップ企業であるLooxid Labsは、9月18日に開催されたTechCrunch Disrupt Battlefieldにて脳波を用いたVR技術のプレゼンを行いました。

同社は現在、アイトラッキング機能と脳波計測を組み合わせることによって、ユーザーの感情を計測できるVRデバイスを開発しています。

ユーザーの感情を計測できるVRデバイス

同社が開発する『LooxidVR』では、脳波や目の動きのデータを集めて、ユーザーの感情を計測することができます。

視線と脳波によってトラッキングしたデータをアルゴリズムで分析、嬉しい/悲しい、優越感/従順感、興奮/消沈の3つに分けることことが可能です。

このシステムは様々な分野で活用できる可能性があり、たとえば医療分野では、痛みの管理時やマッサージなどの理学療法時に、患者の感情を計測することによって治療プロセスを改善することができます。

また、教育での利用であれば、生徒が課題のどの部分で困惑するかが分かるため、生徒個人に応じた教育プログラムを提供することができます。

開発者キットをリリース予定

脳波によってVRを操作する技術はNeurableなど他のスタートアップでも開発されています。このような技術は今すぐに実用化できるものでなくとも、可能性を感じるという技術です。

Looxid Labsはコンシューマー向けの製品開発よりも研究・開発に主眼を置いており、アーリーアダプター向けの開発者キットをリリースする予定です。現在、開発者キットと研究キットの2種類を公開しており、同社の公式サイトにてプレオーダーできます。

(参考)
TechCrunch / Looxid Labs is combining brain waves and VR to build an analytics super engine(英語)
https://techcrunch.com/2017/09/18/looxid-labs-is-combining-brain-waves-and-vr-to-build-an-analytics-super-engine/?ncid=mobilenavtrend

関連するキーワード: Looxid LabsLooxidVR

この記事を書いた人

  • PSVRを体験したことをきっかけにVRにハマり込みました。VR空間の住人になることを夢見つつ、日々VR/ARの最新情報を追っかけています。

  • Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!