周囲の人や物体を識別するVRヘッドマウントディスプレイ「Linq」

MR(Mixed Reality)デバイス「Linq」がStereo Labs社によって開発されています。このデバイスは周囲の環境を認識し、20m範囲内の人と物体識別ができるのが特徴です。

現在、多くのハイエンドVRHMDは、デバイスの外部に位置トラッキング用センサーなど物体識別設備を配置することで位置をトラッキングする「outside-in」方式を採用しています。OculusなどはVRHMDを外部センサーなどに頼らず使用できるようにするために、デバイス自身にトラッキングの機構を付ける「inside-out」方式の開発を行っています。

今回、Stereo Labs社によるinside-out方式が実現できる「Linq」が開発されました。Stereo Labs社はもともとステレオカメラ「ZED」を開発・販売しています。

https://www.youtube.com/watch?v=P-QEnnMHYt0

「Linq」のフロントセンサーは「ZED」に基づき人間の視線を再現することで、周りの世界を感知することが可能です。デバイス以外にセンサー設備を配置せず、直接頭にかぶってVRを体験できます。

Linqのinside-out方式は2つのRGBカメラが配置。これは人間の視線の動きに則ったもので、動きなどのトラッキングも正確であるとされています。

Stereo LabsはLinqの開発者バージョンを2017年に配布する予定です。

(参考)

六自由度MR头显Linq亮相 让卧室变成混合现实体验店

http://wap.87870.com/xinwennr-16314.html

関連記事はこちら

この記事を書いた人

  • image02

    日本語学科在籍の中国人です。機械と技術にロマンを感じながら、世界を変える可能性が潜んでいると信じています。来年の日本留学に期待し、日々ワクワクしています

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/