ルームスケールのVR体験を可能にする高性能なチップ「TS3633」が登場

ASICを開発している米・Triad Semiconductorは、HTC Viveに続くSteamVR対応ヘッドセットに活用できる新しいLighthouse用ICチップ「TS3633」を発表しました。

これにより、Lighthouseのパフォーマンスが上がり、消費電力は低下、コストも削減することができます。

新LighthouseチップTS3633

Valveも推奨するLighthouse用ICチップ「TS3633」

HTC Viveを開発しているValveは先月始めにも、ルームスケールのVR体験を実現するシステム「Lighthouse」の技術を無料で提供することを発表しました。

今回Triad Semiconductorが発売した”Light to Digitalコンバータ”ICチップ「TS3633」は、このLighthouseシステムをヘッドセットに組み込む際に活用されます。

TS3633は従来のチップよりもパフォーマンスが高く、消費電力は低く、製造コストも抑えた高性能な製品となります。

Lighthouseによるルームトラッキングの仕組み

現在発売されているHTC Viveは表面にクレーター状のセンサーを持っており、これをトラッキングすることで空間を自由に歩き回れるLighthouse技術が実現しています。

新LighthouseチップTS3633

部屋に設置したベースステーションから発せられる赤外線を、ヘッドセットの各所に組み込まれた光に反応するセンサー(ここにTS3633が当たります)で読み取り、デジタル信号に変換して位置を追跡します。

新LighthouseチップTS3633

TS3633の特長

各センサーを構成するパーツが41個から9個まで抑えられ、低コスト化が実現。
TS3633は単価0.92ドルで、100個同時購入で0.74ドル、1000個となると0.49ドルの低価格で入手することができます。

(画像はTS3633を用いたセンサーのレイアウト例)

新LighthouseチップTS3633

一つのヘッドセットには32個程度のセンサー(TS3633)を取り付けることになるので、数十ドル程度でLighthouseを実装できることになります。

また消費電力は50%から70%ほど削減し、加えて現行のセンサーより遠い距離で、細かい精度でのトラッキングが可能となりました。

新LighthouseチップTS3633

低価格で高性能なセンサーを実現するLight to DigitalコンバータICチップ「TS3633」は、HTC Viveの後継機でも採用される可能性が示唆されています。

本チップはまた、サードパーティ製のヘッドセットでも活用されるでしょう。

「TS3633」販売ページ
https://www.triadsemi.com/product/ts3633/

(参考)
Second-gen Lighthouse Chip Could Improve Tracking, Reduce Cost of HTC Vive 2(英語)
http://www.roadtovr.com/lighthouse-chip-triad-ts3633-steamvr-htc-vive-2-cost-reduction-improved-vr-tracking/

※Mogura VRは米Road to VRのパートナーメディアです。

関連記事はこちら

この記事を書いた人

  • image01[1]

    VRの道を目指す理系学生。普段はゲーム制作をしています。当面の目標は、VRの開発環境を手に入れること。Riftもいいけど、Viveも欲しい!

    Twitter:@FoltTenor