誰でも利用可能に 部屋サイズのトラッキング技術「Lighthouse」無料公開

HTC Viveを開発しているValveは、SteamVRのトラッキング技術をすべての開発者に公開すると発表しました。

HTC Viveは主要なVRヘッドマウントディスプレイ(HMD)の一つであり、SteamVRのトラッキング技術「Lighthouse」が実現するルームスケールトラッキングは多くの開発者に利用されています。これまで、開発者はこの技術を利用するために3,000ドルのトレーニングコースに参加しなければなりませんでしたが、これからは技術へのアクセスとコースワークが英語と中国語にて無料公開されることになります。

SteamVRのトラッキング技術は昨年の8月に第三者への提供が開始されており、現在500社以上が提供を受けるための登録をしています。Valve社が開発したこの技術は、HTC Viveに見られるような”室内のどこに対象物があるかをリアルタイムで認識できる”ハード/ソフト両面の技術です。

この技術に関する詳細は公式ウェブサイトから入手できます。

公式サイト
https://partner.steamgames.com/vrtracking

(参考)
Valve Reduces SteamVR Development Cost(英語)
http://www.vrfocus.com/2017/02/valve-reduces-steamvr-development-cost/

※Mogura VR は、VRFocusとパートナーシップを結んでいます。

この記事を書いた人

  • キタイ

    情報系大学生。GAME ONでPSVRを体験して以来VRに関心を持つようになりました。いろいろな事に興味をもって勉強するように心がけています。HTC Vive購入しました

    SNSアカウント:
    @Kitai_VR

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/

【お知らせ】

世界のVR業界の最新動向を把握するための1冊!Mogura VRが日本語翻訳・監修を担当。
「VRインダストリーレポート(2017年春版)」予約受付中です。

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!
詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ