LGから新たなハイエンドVRデバイスが登場 HTC Viveと同じシステムを採用

LGが新たにVRヘッドマウントディスプレイを開発中であることが明らかになりました。HTCのVRデバイスHTC Viveと同様のシステム(SteamVR)に対応し、部屋サイズの空間を自由に動けるルームスケールのVR体験が可能になる模様です。

HTC Viveのシステムを提供したValveのプラットフォームからのデバイス

この情報は、HTC ViveにVRのシステムを提供するValveが明らかにしたもの。ValveはPCゲームのプラットフォームSteamを運営し、VRに関してはSteamVRプラットフォームを提供してHTCとともにHTC Viveの開発を行ってきました。

Valveは、2015年に発表したVRのエコシステムをOpenVRと名付けており、広くハードウェア、プラットフォーム(SteamVR)を提供することを謳っていました。その第一弾とも言えるデバイスがHTCとの開発を行ったHTC Viveでした。その後、HTC Viveに続くVRHMDはありませんでしたが、今回発表されたLGのVRHMDがその第2弾となります。

米VRメディアRoad to VRによると、LGのVRHMDはHTC Viveと同じトラッキングシステムを採用することが明らかになっています。また、Steamを通じてVRゲームを手に入れることが可能になると推測されます。

LGは2016年2月にモバイル向けのVRデバイス「LG 360 VR」を発表し、発売しましたが、市場には受け入れられませんでした。今回のValveとの提携によるVRHMDは、よりハイエンドな体験を実現するデバイスになります。

ValveはLGのVRHMDについて「非常によく実現された、次世代のVR体験が可能になる」とコメントしています。価格や発売日などの詳細については今後公開されます。

LGのVRHMDは、2月27日からサンフランシスコで開催中のGDCにて展示予定です。

(参考)
http://www.roadtovr.com/lg-reveal-vr-headset-prototype-based-steamvr-tracking-week/

※Mogura VR は、Road to VRとパートナーシップを結んでいます。

この記事を書いた人

  • 慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/

【お知らせ】

世界のVR業界の最新動向を把握するための1冊!Mogura VRが日本語翻訳・監修を担当。
「VRインダストリーレポート(2017年春版)」予約受付中です。

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!
詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ