Lenovo、新たなスマホのフラッグシップモデルにVRヘッドセットを付属することを発表

PCメーカーのLenovoは、16日、中国で開催されたイベントで新型のフラッグシップ・スマートフォンVibe X3を発表しました。VRヘッドセットAntVRとの同梱版が発売されます。

Lenovo-VR-announcement

Lenovoは、中国のPC、スマートフォンメーカー。同じく中国に拠点を構えるスマホメーカーXiaomiやHuaweiなどがシェアを伸ばしている中、差別化するためにVRを取り組むという戦略をとったようです。中国に拠点を構えるVRヘッドセットメーカーAntVRと提携し、Vibe X3の470ドルの上位モデルにVRヘッドセットが同梱されます。

AntVRは同じく中国に拠点を構えるVRヘッドマウントディスプレイメーカー。2014年6月に、PCと接続するタイプのVRHMDの開発をKickstarterで明らかにし、26万ドル(約3,000万円)を集め、2014年末から出荷しています。今回、Lenovoと提携して同梱されるモデルは、Google Cardboardのようにスマートフォンを装着するタイプのVRHMDで、単体としては149元(約2880円)で販売されています。写真を見る限り、サムスンのGear VRのように端子を差し込んで完全に固定するのではなく、スマートフォンを挟みこむような形で固定するタイプのようです。

TAW_show_3

TAW_show_4

Voibe X3はAndroidスマートフォンのため、体験する際にはGoogle Cardboardと同じようにCardboard向けのアプリやYoutubeなどのコンテンツを楽しむデバイスということになりそうです。

2015年11月時点で、Lenovoのスマートフォンは、日本では未発売となっており、販売に関しては発表されていません。

中国の大手のVRへの参入としては、先日ゲーム会社テンセントのVRプロジェクトが明らかになっています。

関連記事:中国のVR市場が白熱。中国で開発されているVRHMDを紹介!
関連記事:世界最大のゲーム会社、中国のテンセントがVRに本格参入か。プロジェクトのサイトが公開

(参考)
UploadVR / Lenovo plans to bundle a VR headset with its flagship smartphone
http://uploadvr.com/lenovo-vr/

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!

関連するキーワード: 中国

この記事を書いた人

  • 慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii