Leap Motionの検出範囲をHoloLensで可視化 実験動画が公開

Leap Motion社が開発・販売する「Leap Motion」は、何も装着せず手の動きだけでインターフェースを操作することが可能なコントローラーデバイスです。赤外線センサーにより、手の平や指などを読み取り直感的に操作することができます。

しかし、本デバイスのセンサー検出範囲は目で確認することができません。そのため、何度も同じ動きを繰り返さなければならないというシーンがしばしばありました。センサー検出範囲を目で見られたら……。

そこで今回、現実世界に映像を重ねて表示させることができるMRデバイス「HoloLens」を活用したデモ動画が公開されました。

デモ動画を公開したのは、開発者の長峰慶三(@KzoNag)氏。本デモ動画を見ると、目視することができなかったセンサー検出範囲をHoloLensを活用することで可視化できるようになっています。長峰氏によると、緑のサークルはLeap Motionのドキュメントの値を参考に設定しているとのことです。

ノートPCの前に置かれたLeap Motionに合わせてHoloLensのアプリを起動させると

Leap Motionの検出範囲を緑のサークルで可視化できるようになります。範囲が表示されていると同じ動作を繰り返す必要もなくなりそうですね。

また長峰氏は、LeapMotion側からHoloLensへ手の情報を送っているデモ動画も公開しています。これにより、検出範囲の表示と手が重なることなく表すことが可能です。今までは目で見ることができなかった物をHoloLensを活用することで可視化に成功しています。今後の活用事例についても注目したいところです。

なおMoguraVRでは、今回の赤外センサーと同じく目視できなかった「磁場」をHoloLensで可視化する事例についても取材を行っています。

関連するキーワード: HoloLensLeap Motion

この記事を書いた人

  • ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」でライターをしています。Mogura VRではライティングなどを担当しつつ、VRの魅力を伝えられればと思います。

    Twitter:@MD5ch_com

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ