地震で被災した熊本城の様子を360度動画で。ハコスコが取り組む復興支援

4月20日、ハコスコストアに熊本地震被災地のリアルな様子を伝える新たな360度動画が公開されました。先日の4月18日に公開された映像に続いて、2本目となる熊本の被災地を撮影した360度動画です。

関連記事: 熊本地震の被災地の様子を伝える360度動画が公開。復興支援のきっかけに。

今回公開された360度動画は被害を受けた熊本城を中心に撮影されたもの。熊本城の外壁が崩れ落ちている様子などが収録されています。

スマートフォンアプリの「ハコスコストア」を使用すれば、スマートフォンを傾けたり、動かした方向に視点が移動します。簡易型ヘッドセットの、ハコスコやGoogle Cardboardを使えば、撮影された被災地にいるように感じられる、より没入感の高いVR体験となります。また、PCやスマートフォンのブラウザからも動画をドラッグすることで視点を360度動かして視聴できます。

今回の動画を撮影したのは一本目と同じく登嶋健太氏。ハコスコは登嶋氏と協力し、公式チャンネル「kumamotoshien」を開設して支援につながる活動を行っています。「kumamotoshien」チャンネルからは、全部で5つの動画が公開される予定です。

この360度動画の説明文には「復興支援のきっかけになれば」とあり、下記の復興支援基金が紹介されています。

Yahoo!基金: http://donation.yahoo.co.jp/detail/1630023/
楽天募金: http://corp.rakuten.co.jp/csr/contribution/kumamoto_201604.html

この記事を書いた人

  • th_image01

    VR修行中のライターです。VRの可能性の大きさにワクワクしています。「Mogura VR」では編集周りのお手伝いを担当しています。

    Twitter:@oo2gu

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/