VR三國無双も登場予定 コーエーテクモ、新型VR筐体「VR SENSE」を発表

株式会社コーエーテクモウェーブは、VRゲームなどを楽しめる新型VRライドマシン「VR SENSE」を発表しました。発売時期は2017年夏、価格は未定となっています。

公式ページによると、VR SENSEはサイズをコンパクトに抑え、設置・移動が行いやすい筐体となっており、ジャンルを問わず複数のソフトが搭載可能、ゲームの更新も手軽に行えるとのことです。

筐体には3ゲーム(タイトル未定)が同梱されており、ソフト追加は別料金となります。また、下記のような機構も搭載されています。

・アクションを体感させる多機能3Dシート
・臨場感を盛り上げる香り機能
・驚きを演出するタッチ機能
・空間の広がりを感じさせる風機能
・環境の変化を感じさせる温冷機能
・雨や湿気などを感じさせるミスト機能

登場予定のVRゲームのラインナップとしては、『だるまさんがころんだ』『GⅠ JOCKEY』『真・三國無双』などが予定されています。そのほかのコンテンツも現在開発中とのことです。

(参考)
「VR SENSE」公式サイト
http://www.gamecity.ne.jp/vrsense/

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!

この記事を書いた人

  • 早稲田大学文化構想学部卒業後、日立グループにてグループ全体のビジネスプロセス改善プロジェクトに従事。現在はゲームメディア「もぐらゲームス」編集長 兼 Mogura VR副編集長。
    大学在学中にインディゲームをテーマとした論文を執筆。NHKのゲーム紹介コーナーへの作品推薦、株式会社KADOKAWA主催のニコニコ自作ゲームフェス協賛企業賞「窓の杜賞」の選考委員として参加、週刊ファミ通誌のインディーゲームコーナーの作品選出、株式会社インプレス・窓の杜「週末ゲーム」にて連載など。VRとゲームの交わる先が気になります

    Twitter:@poroLogue