『けものフレンズ』ARポストカード発売 送り相手に観光の思い出を

2018年2月5日より開催の「さっぽろ雪まつり」。こちらのイベントに合わせ、札幌の円山動物園では、動物を擬人化した作品『けものフレンズ』とコラボレーションした「『けものフレンズ』動くARポストカードセット」を販売しています。ポストカードセットは3枚入りで600円(税込)です。

提供を行う日本ユニシス株式会社は、動画を撮影する際に送り先となる相手へ札幌での思い出や近況を語ってもらうことで、地域活性化や新しいプロモーションとしての効果を期待しているとのこと。

ポストカード購入者は、コミュニケーションロボット「Sota(ソータ)」の声かけにより写真と動画の撮影が可能です。撮影データは、ARアプリ『タメスコ』のクラウドセンターに自動で登録されます。同アプリを用いてポストカードの写真を読み込むことで、撮影した動画を視聴できる仕組みとのことです。


『けものフレンズ』ARポストカード フロー図

『けものフレンズ』ポストカード販売の概要

期間

2018年2月5日(月)~2月27日(火)
※2月14日(水)は休園日

場所

札幌市円山動物園 グッズ販売特設会場
札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

公式サイト

http://www.city.sapporo.jp/zoo/

(参考)
日本ユニシス株式会社 ニュースリリース
https://www.unisys.co.jp/news/nr_180205_ar-card.html


※Mogura VRでは現在「VR体験施設の利用に関するアンケート」を実施しています。数分程度の簡単なオンラインアンケートですので、ぜひご協力をよろしくお願いします。

関連するキーワード: けものフレンズ日本ユニシス

この記事を書いた人

  • ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」でライターをしています。Mogura VRではライティングなどを担当しつつ、VRの魅力を伝えられればと思います。

    Twitter:@MD5ch_com