仮想アテンダントが不動産を案内 KDDIがVRコンテンツ開発

KDDIは、国内初となる、ネットワークを介してVR内でバーチャルアテンダント(仮想キャラクター)が不動産を案内するコンテンツを開発しました。本コンテンツは千葉・幕張メッセにて2017年10月3日から6日まで開催される「CEATEC JAPAN 2017」で展示されます。

賃貸物件や建築予定物件の内見など、不動産とVRを組み合わせた試みは様々な会社が取り組んでいますが、バーチャルアテンダントが物件内を案内するコンテンツは国内初。アテンダントが遠隔で応対し、音声での会話やお辞儀などのインタラクションを交えたコミュニケーションが可能となっています。

本コンテンツではVR空間を見て回る、歩き回るだけでなく、リモコンによる照明のオン/オフや、VRならではの機能として、壁や床の瞬時の模様替えが可能です。明かりや素材の違いによる部屋の雰囲気の変化を体感できます。

今回のVR不動産コンテンツの体験には、VRヘッドマウントディスプレイ(VRHMD)「HTC Vive」を使用。開発には、シリコンスタジオ株式会社のリアルタイムレンダリングエンジン「mizuchi」が採用されています。同社はエンターテインメント業界向けにデジタルコンテンツ関連ビジネスを展開しています。

(参考)
・VRで不動産を探せる無人店舗『どこでもストア』とは? 7月オープン
・VRで未完成物件を自由に内覧 近鉄不動産が提供
・プレスリリース

関連するキーワード: KDDI

この記事を書いた人

  • あちらとこちらを往復する。某ゲーム系の制作会社でプランナー・進行管理・その他もろもろを経てMoguraに合流。現在は記事執筆や編集、取材などを担当。デジタルゲームやVR/AR/MRにおける物語体験や、フィクション/プレゼンスのありかたに興味。ゲーミングコミュニティ「ポ」の管理者のひとり、という側面も。 Twitter:@mizuharayuki

  • Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!