KDDI、サッカー日本戦でVRを用いた観戦体験を提供

KDDIは、12月16日に味の素スタジアムで行われる「EAFFE-1 サッカー選手権2017決勝大会」において、VRデバイスを用いて特殊な視点からサッカーを楽しめる「au VR Seat」を設置します。

「au VR Seat」は、スマートフォンとVRゴーグルを通して試合を観戦したり、「Live映像、リプレイ映像、ハイライト映像」5視点からの映像を視聴できるものです。

今回の取り組みは、KDDIが行う新たなサッカー観戦体験を提供する「au Future Stadium」の一環として行われます。

5つ視点から試合映像を視聴できる「au VR Seat」や、約100台のカメラで撮影した自由視点リプレイ映像を視聴できる「au/4DReplay」、選手たちの試合への貢献度を可視化する、客観的データを用いた表彰「au Stats Award」。KDDIは、これら3つの観戦体験を提供します。

現在、「全力を全力で応援するキャンペーン第4弾」において「au VR Seat」の抽選募集を開始しています。応募の対象はauユーザー限定とし、応募期間は2017年11月21日までとなっています。

同キャンペーンでは、そのほかにも代表選手とともにピッチへ入場する「エスコートキッズ」や、「EAFF E-1サッカー選手権2017決勝」日本戦の男女全6試合を観戦できるチケットの抽選も行っています。応募方法は特設サイトより。

(参考)
KDDI 国内初となるスタジアムでのVR観戦など新しいサッカー観戦体験!「au Future Stadium」 / 共同通信PRワイヤー
https://prw.kyodonews.jp/opn/release/201711137856/

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!

関連するキーワード: au VR SeatKDDI

この記事を書いた人

  • ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」でライターをしています。Mogura VRではライティングなどを担当しつつ、VRの魅力を伝えられればと思います。

    Twitter:@MD5ch_com