KDDI、「AR初音ミク」で東日本大震災の復興支援

KDDIは、2017年12月23日から宮城・牡鹿郡女川町で開催される女川駅前の商業エリア周年祭「おながわ冬のまつり」において、ボーカロイド「初音ミク」が現実に登場するARアプリ『ミク☆さんぽ』を活用した取り組みを行います。

今回の取り組みは、同町の復興支援を目的とした義援金贈呈式「初音ミク登場! 次元を超えた義援金贈呈式 by KDDI」として実施されます。

おながわ冬のまつりは、東日本大震災で甚大な被害を受けた女川町の商業エリア開業2周年を記念したイベントです。

『ミク☆さんぽ』はグーグルのAR技術「Tango」を活用したARアプリです。Tango搭載端末で同アプリを起動し現実にかざすと3Dモデルで作成された等身大の初音ミクが現れ、あらゆる角度から見ることができたり、一緒に散歩をしたりといったことが行えます。

今回のイベントでは、初音ミクがあたかも須田町長に義援金を贈呈しているかのような演出が行われます。会場ではその様子を大型スクリーンに投影し、来場者に披露されるとのことです。

今回贈呈する義援金は、2017年7月に「BLUE LEAF CAFÉ」(宮城県仙台市)にて実施した初音ミクとのカフェ体験イベントで提供したコラボメニューの売上の一部とのことです。

なお同贈呈式にあわせて、初音ミクの撮影会イベントおよび、KDDIの災害対策の紹介やネットスキル診断などのサービス体験展示も実施されます。

本イベントでの『ミク☆さんぽ』を活用した取り組みは以下のとおりです。

・「初音ミク登場! 次元を超えた義援金贈呈式 by KDDI」
日時:2017年12月23日 (土・祝) 10:30~ (冬のまつり開会式に引き続き開催)
内容: 須田町長へ「初音ミク」から義援金の贈呈を実施

・「初音ミク撮影会 in おながわ」
日時:2017年12月23日 (土・祝)、24日 (日) 12:00-17:00
内容: ARアプリ『ミク☆さんぽ』を使い限定バージョンの初音ミクの撮影会を実施

イベントの概要

名称

おながわ冬のまつり

期間

2017年12月23日 (土・祝) ~25日(月)

場所

宮城県牡鹿郡 女川駅前商業エリア各所

イベント情報

http://www.onagawa.org/blog/8661/

(参考)
KDDI株式会社 ニュースリリース
http://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2017/12/13/2842.html

Mogura VRの新サービス!
VR体験施設の検索サイト「Taiken.tv」
VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」
公式Twitterはこちら!

関連するキーワード: KDDIミク☆さんぽ

この記事を書いた人

  • ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」でライターをしています。Mogura VRではライティングなどを担当しつつ、VRの魅力を伝えられればと思います。

    Twitter:@MD5ch_com

  • Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!