KDDI、シダックスと連携しカラオケ向けにVRコンテンツ配信へ

KDDIとKDDI総合研究所は、2016年10月19日から2016年11月18日の期間中、カラオケ店でのVR事業展開を目指し、シダックス株式会社および株式会社ポニーキャニオンと連携した実証事業の開始を発表しました。

KDDI カラオケ向けVR

本実証事業は、レストランカラオケ・シダックス新宿歌舞伎町クラブ店舗内においてVR用ルームを設置し、希望者が室内でVRヘッドマウントディスプレイのHTC Viveを装着、アーティストのライブや握手会などの交流イベントをVRで体験できるというものです。

KDDI カラオケ向けVR

配信されるVRコンテンツは、実在するアイドル「マジカル・パンチライン」の360度ライブ映像のほか、視聴者の自由な視点でライブを鑑賞できる「自由視点ライブ」、そしてバーチャル握手会やカラオケ大会などとなっています。

KDDI カラオケ向けVR

なお、本実証実験に使用するVRコンテンツの一部は、実写アーティスト映像をもとに、ユーザーの好みの位置に移動することで自由な視点からの視聴体験が可能です。

今後は事前に撮影・制作したVR映像だけではなく、VR映像のリアルタイム配信も予定しているとのこと。

(参考)
日本初、カラオケチェーンと連携したVRコンテンツ配信サービスの実証事業開始について
http://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2016/10/12/2082.html

関連記事はこちら

この記事を書いた人