KDDI、AR技術を使った「AI少女」の接客デモを開発

KDDIは、AR(拡張現実)空間上のAIキャラクターと対話が可能なシステムを開発した旨を発表しました。本システムは、2017年10月3日から6日に幕張メッセで開催される、IT技術などの展示会「CEATEC JAPAN 2017」のKDDIブースに展示されます。当該ブースは社会・街エリアのC104。

本展示はGoogleのARテクノロジー「Tango」の空間認識技術を活用しており、KDDIが提供するスマートフォン向け音声アシスタントサービス「おはなしアシスタント」 のキャラクター「レナ」がAR空間上に出現します。

「レナ」は対話AIを搭載しており、日常会話が可能です。また、本展示においては対話形式で次世代移動通信システム「5G」についての説明を行うとのこと。従来の音声エージェントだけでは実現が困難な、感情的で豊かな接客デモを体験することができます。

KDDIは今回展示する「おはなしアシスタント」の用途を実用目的に限定せず、より話しかけたくなるような・親しみのもてるコミュニケーションの実現を目的としています。今後も様々な場所や展示での実証を通じ、対話AIの精度を向上させ、auショップのサポートなどへの活用を検討していくとのことです。

(参考)
・スマホで2次元と出会える 夢のGoogle Tangoを触ってみた
・GoogleのAR技術Tangoでは何ができるのか?
・プレスリリース

 
 

関連するキーワード: CEATEC JAPAN 2017KDDITango

この記事を書いた人

  • あちらとこちらを往復する。某ゲーム系の制作会社でプランナー・進行管理・その他もろもろを経てMoguraに合流。現在は記事執筆や編集、取材などを担当。デジタルゲームやVR/AR/MRにおける物語体験や、フィクション/プレゼンスのありかたに興味。ゲーミングコミュニティ「ポ」の管理者のひとり、という側面も。 Twitter:@mizuharayuki

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ