VRで歩ける巨大コントローラー「KAT Walk」が中国で出荷開始

中国のスタートアップKatVRは、Kickstarterプロジェクトを実施していた全方向トレッドミルのVRコントローラー「KAT Walk」を中国へ出荷開始することを発表しました。

KatVRチームは次のように述べています。

「KAT Walkは現在、中国のプロジェクト支援者に出荷を開始しています。KAT Walkは様々な速度と高さで360度自由に動くことができます。ゲームに使用するには動きをゲーム向けにチューニングする必要がありますが、私たちはまもなく、開発スタジオによって作成されたゲームでKAT Walkを使用したプレイムービーを公開します。国際発送は来月中旬の開始を目指しており、2017年にはさらに多くの発表が行われます」

本来、KAT Walkは2016年4月予定納入でしたが、スケジュールが遅延していました。開発と製品化の遅れにともなう遅延は他の全方向トレッドミルにも共通の問題となっています。たとえばVirtuix Omniは、米国外のすべての支援者に対し出荷問題のために提供することができないと発表しました。 そして、Cyber​​ithのVirtualizerのトレッドミルであるは2014年にキャンペーンを実施しましたが、Kickstarterのページ更新は散発的となっています。

(参考)

KAT Walk Begins Shipping to Chinese Customers, International Orders Expected Next Month

http://www.vrfocus.com/2017/01/kat-walk-begins-shipping-to-chinese-customers-international-orders-expected-next-month/

※Mogura VR は、VRFocusとパートナーシップを結んでいます。

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!

この記事を書いた人