芸術形態としてのVR 3月末より世界11都市でショーケースが開催

世界中の個人クリエイター・アーティストが制作したアーティスティックなVR映像を鑑賞できるKaleidoscope Showcase Vol.2が、3月末~4月に開催されます。

VR映像作品の展示会

Kaleidoscope ShowcaseはVRショートフィルムの展示会で、20以上の多様な作品が楽しめます。

3月末から開催するVol.2では、VR動画配信サービスWithinの草分けでもある、地球の歴史を辿る体験『Life of Us』が展示。

さらに、映画史を描く『Kinoscope』、テクノロジーをコメディチックに風刺する『Virtual, Virtual Reality』、雪景色のイルミネーションを映し出す『Ex\Static』、キュートなキャラクターがステージを彩る音楽体験『Chocolate』、Oculus Story Studioの手掛ける『Dear Angelica』、ポップなアバターを作ってなりきれる『Mindshow』といったコンテンツが展示されます。

イベントでは他にも、前線で活躍するVRクリエイターからのプレゼンテーションなども行われます。


(『Ex\Static』Quba Michalski 作)

VRは一つの芸術として進化していく

Kaleidoscopeの共同設立者であるSelena Pinnell氏は、「第2回ショーケースの質は非常に高く、VRは一つの芸術形態として急速に進化していると実感します。新しいクリエイターとのプロジェクトを企画し、各都市のパイオニアの画期的な作品を照らし出すことに興奮しています」と語ります。

ツアーは3月末よりニューヨーク、ロンドン、ベルリン、シドニー、キエフ、ロサンゼルス、パリ、ライプツィヒ、ソウル、香港、サンフランシスコの11都市を回ります。2016年は東京でも開催されましたが、今年は開催されない模様です。


(『INDEFINITE』Darren Emerson 作)

ショーケースの目的は、VRクリエイターにキラーVRコンテンツを作成するために必要な機会とサポートを提供することです。

Kaleidoscopeは完成したプロジェクトを展示し、将来のプロジェクトの資金を確保し、アート、科学、VRのビジネスを広げていく世界中でのイベントを開催します。

各都市のチケットは、こちらで入手可能です。


(『Chocolate』Adam Rogers, Tyler Hurd 作)

今後、アーティスティックなVR作品を体験するこのようなショーケースも増えていくと考えられます。

(関連記事)

(参考)
VRScout / Kaleidoscope Reveals VR Lineup for Showcase Vol. 2(英語)
http://vrscout.com/news/kaleidoscope-vr-lineup-showcase-vol-2/

※Mogura VR は、VR Scoutとパートナーシップを結んでいます。

この記事を書いた人

  • VRの道を目指す理系学生。普段はゲーム制作をしています。当面の目標は、VRの開発環境を手に入れること。Riftもいいけど、Viveも欲しい!

    Twitter:@FoltTenor

【お知らせ】

世界のVR業界の最新動向を把握するための1冊!Mogura VRが日本語翻訳・監修を担当。
「VRインダストリーレポート(2017年春版)」予約受付中です。

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!
詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ