「VR/ARの最新状況が1日で分かる集中講義」が開催 講師はGOROman氏


株式会社角川アスキー総合研究所は、VRコンテンツ開発および、VRの普及活動を行ってきた近藤義仁(GOROman)氏を講師に迎え、4月15日に「VR/ARの最新状況が1日で分かる集中講義」を開催すると発表しました。

本イベントの講師は、個人としてもVRコンテンツの開発、VRの普及活動を行っている「GOROman」こと株式会社エクシヴィ 代表取締役社長の近藤義仁氏。

今回の講義は、VR/ARビジネスを基礎から学べる機会であると共に、2017年現在のVR/ARビジネスに関するトレンドを知ることもでき、VR/ARコンテンツ開発に使えるノウハウなどを直接聞くことが可能な内容となっているとのことです。

具体的な講義内容は以下のようになっています。

1.    VR/AR基礎知識
これからはじめたい方のためにVR/ARの歴史から、最新のVRデバイスから Microsoft HoloLensまで実機デモンストレーションを交えながらわかりやすく解説。

2.    世界のVR/ARビジネス最前線
日本のVR事情だけでなく、米国GDC 2017やSVVR(シリコンバレーVR)、韓国VR EXPO、深センなど実際に視察してきた講師が現地のVR/ARの盛り上がりやビジネス事情を発表。

3.    実践VR/ARコンテンツ開発
ゲームエンジンであるUnityを用いて、実際にOculus Rift (Touch)によるVRコンテンツを開発する手法を学習する内容。また、HoloLensについてもUnityによる開発方法を学習可能。

4.    VR/ARコンテンツ開発 落とし穴とその対策
「VR酔い」の対策方法や、VRアニメにおける技法など実際に講師が4年間開発を行ってきた知見をシェア。

5.    VR/ARの未来
この先、VR/ARは一般化するのか?普及のポイントやサービスなど、2020年をターゲットにゲストを招いてのVR/ARの未来像のトークを実施予定。

※講義内容は変更になる場合あり

イベント開催概要

講義名: VR/ARビジネスと開発技法の最前線2017
         ~米国・韓国・深センのVR/AR事情からOculus Rift・HoloLens開発技法まで~
日時: 2017年4月15(土) 13時00分~18時30分
         受付開始/開場は、12時30分から
会場: 角川第3本社ビル 3F(東京都千代田区富士見1-8-19)
         http://asciimw.jp/info/corp/map.html
参加費: 18,900円(税込)
募集人数:50名
対象: コンテンツ・ゲーム・B2B・業務分野で、VRを活用、または活用したいと考えている
    経営者、部門責任者、VR系スタートアップの関係者、エンジニア

(参考)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000003198.000007006.html

この記事を書いた人

  • ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」でライターをしています。Mogura VRではライティングなどを担当しつつ、VRの魅力を伝えられればと思います。

    Twitter:@MD5ch_com

【お知らせ】

世界のVR業界の最新動向を把握するための1冊!Mogura VRが日本語翻訳・監修を担当。
「VRインダストリーレポート(2017年春版)」予約受付中です。

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!
詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ