アユート、Japan VR HackathonにGTX1080やノートPCを展示

来週の6月18日(土)~19日(日)に行われるハッカソン「Japan VR Hackathon」(主催はMogura VRとNoitom)。スポンサーの株式会社アユートが、NVIDIAの最新グラフィックボードGTX1080など最新機種を展示することが発表されました。

「Japan VR Hackathon」は東京をメイン会場に全国7ヶ所での開催が予定されています。ハッカソンのテーマである「日本らしさ」を持つVRコンテンツを開発します。参加費は無料で、プログラムやグラフィック関係の技術を持っている人はもちろんのことゲームエンジンを触ったことがない方などITスキルが無い方でも参加できることが特徴です。

ゴールドスポンサーである株式会社アユートからは、取り扱い製品である下記の2製品を展示とNOITOM社製モーションキャプチャーシステム「PERCEPTION NEURON」が貸し出されることも発表されました。

・VR READY 対応グラフィックカード「GTX1080 GAMING X8G 1080 READY」
・VR READY 対応 17.3 型ワークステーションノート PC「WT72 6QN-214JP VR READY NOTE」

GTX1080 GAMING X8G 1080 READY

「Japan VR Hackathon」では、入選作品に各スポンサー企業から賞品が贈呈されることが決定しており、期待したいところです。賞品の詳細につきましては、ハッカソン当日に発表されます。

「Japan VR Hackathon」開催概要

Japan VR Hackathon

■開催日時:6月18日(土)~ 19日(日)。別途ワークショップも用意。

■参加費:無料

■会場:
 ・メイン会場
 東京 コワーキングスペースMON コワーキングスペースMON(定員300名)
 ・サテライト会場
 大阪 ソフト産業プラザイメディオ(定員20名)
 石川 調整中(定員20名)
 岡山 KLab(株)(定員20名)
 広島 広島工業大学 五日市キャンパス新4号館 325教室(定員30名)
 福岡 調整中(定員20名)
 沖縄 琉球大学工学部1号館 321 教室(定員 30 名)

■対象:VRコンテンツ開発に興味のある学生・社会人
 ※満18歳以上の方に限定。また、満18歳以上、満20歳未満の方は、21時に自宅に到着できる時間までに会場を退出、朝は10時前後に会場へ戻るという参加時間の制限を付けさせていただきます。

■Goldスポンサー
・Epic Games
・VIVE
・aiuto
・ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社
・コワーキングスペースMono

■Silverスポンサー
・OSVR
・AMD
・Reallusion(iClone 6)

■Bronzeスポンサー
・コロプラ
・GALLERIA
・TECH LAB PAAK
・ハコスコ
・DCAJ
・Mouse Computer
・G-Tune

■申込み:公式サイト(http://www.vrhackathon.co/)から各会場へお申込みできます

申込み締め切りは18日(土)の午前8時まで

6月10日現在も「Japan VR Hackathon」の応募を受け付けています!(※締め切りは18日(土)の午前8時まで)この他にも豪華賞品をご用意していますので、VR開発に興味のある方は、ぜひご参加してみてください!

この記事を書いた人

  • th_image01

    VR修行中のライターです。VRの可能性の大きさにワクワクしています。「Mogura VR」では編集周りのお手伝いを担当しています。

    Twitter:@oo2gu

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/