映画『ジュラシック・ワールド』の世界をVRで。Gear VRで体験できる恐竜との一時

6月12日より、ハリウッド映画『ジュラシック・ワールド』が世界各国で封切られています(日本では8月7日より公開予定)。本作品は遺伝子操作により、現代に蘇った恐竜と戦うスティーブン・スピルバーグ監督の名作「ジュラシック・パーク」シリーズの第4作です。

その世界観をVRで体験できるコンテンツが。Gear VR向けに無料で配信されています。配信されているアプリ 『Jurassic World:Apatosaurus』では、劇中に登場する首長竜アパトサウルスの生態を観察することがきます。

screenshotshare_20150615_180117

『ジュラシック・ワールド』はその名前の通りの現代に蘇った恐竜を観察できるテーマパークが舞台。テーマパークを訪れた気分で恐竜を眺めつつ、映画で展開される悪夢のような出来事を想像すると、目の前で草を食むだけの穏やかなアパトサウルスも恐ろしく見えてきます。

image1寝そべっているアパトサウルス

image2かなり近くまで顔を近づけてくる。草食なのはわかっているが怖い

映画のプロモーションにGear VRを使ったアプリをリリースした映画会社は『アベンジャーズ』の360度予告映像を配信したマーベル・スタジオ、各映画の予告編を鑑賞できるアプリを配信したドリームワークスに続いて今回のユニバーサル・スタジオが3社目です。『スター・ウォーズ』などのルーカス・フィルムもVRコンテンツの制作にとりかかっていることは確実とされており、今後映画業界の各社がどのような形でVRを使うのか楽しみなところです。


(参考)

ジュラシックワールド公式
http://www.jurassicworld.jp/

この記事を書いた人

  • 慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!
短時間でできるものもありますので学生さん、主婦の方、海外在住の方も大歓迎です。

詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ