記事とマンガでVRを解説!『ジャンプVR』12/15発売

集英社ムックより、2016年12月15日(木)に、VRについて紹介する『ジャンプVR』が発売されます。価格は1,080円(税込)です。

本ガイドブックでは、PlayStation VR、HTC Vive、Oculus RiftなどのVRハードと、約40タイトルのVRコンテンツが紹介されます。

また、『フルチャージ!!家電ちゃん』、『徳井青空がゆく!』、『みずしな孝之のとびだせ!VR』、『VR戦線異常アリ!?マンガVR興亡史』、『ニキチのVRゾーンを作った漢!!』、『PlayStation VR開発秘話~夢の世界へ~』などのマンガでのVR解説も掲載されます。

さらに、株式会社桜花一門の高橋建滋氏による、『未来は僕らの「目の前」に!!』『国民性?価値観?世界のVR事情』といったコラムも掲載されます。

ほかには、200巻もの長期連載を終えた『こちら葛飾区亀有公園前派出所』から、20年以上前にVRに関して取り上げている「夢のドライブゲームの巻」が特別再録されています。

付録として、2眼VRゴーグルとしても、1眼VRゴーグルとしても使うことができる面白い仕組みになっている「ジャンプ VR ヘッドマウントディスプレイ」がついてきます。

※Mogura VRは当該書籍に監修で携わっています。

(参考)

集英社ムック「ジャンプVR」

http://jcs.shueisha.co.jp/jvr/

この記事を書いた人

  • 文学部一年生というVRからはほど遠そうな環境なのにVRに興味を持っている人。Rift、Vive、PSVRの御三家がとうとう揃いました。

    Twitter:@takawitomoki

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ