【体験レポ】自遊空間NEXT蒲田西口店でじっくりVRを

自遊空間NEXT蒲田西口店が7月22日にオープンしました。こちらの店舗ではGear VRやHTC Viveなど複数のVR機器を体験することができます。

自遊空間NEXT VR

自遊空間NEXT VR

すでにGearVRを体験できるインターネットカフェはありますが、こちらの目玉はルームスケールで体験できるHTC Viveと、株式会社しのびや.com Wizapply(ウィザプライ)事業部が開発したVRライドシミュレータ「SIMVR(シンバ)」の体験です。

自遊空間NEXT VR

自遊空間NEXT VR

VRスタジオ1と名付けられた部屋は2m×2mとルームスケールの中では狭めですが、自宅で用意するとなると中々困難です。また、イベント等では1人5分位のためじっくり楽しむことも難しいので嬉しい体験です。VRスタジオ1は部屋全体ば緑色、もしかして現実の動きとVR内の風景を合成したクロマキー撮影が可能?と期待しましたが、今はまだ実装されていません。関係者によると、ゆくゆくはできるようにしたいとのことで楽しみです。

できるコンテンツは今のところミニゲーム集の『The Lab』(Valve)、3D空間に立体的にお絵かきできる『Tilt Brush』(Google)、現実の卓球そのもの『PING PONG LEAGUE』(COVER)「マブラヴVR」(株式会社デジカ)の3つです。

自遊空間NEXT VR

自遊空間NEXT VR

筆者はどれも体験済みですが、どれもVR空間内を実際に動いて楽しめる面白いコンテンツです。

コンテンツは今後まだ増えるとのことですし、『PING PONG LEAGUE』は今は卓球だけですが、バスケのシュートや体育館の中を移動できる予定とのことなので、非常に楽しみです。

次に隣のブースVRスタジオ2「SIMVR」で体験できるコンテンツは飛行機体でシューティング『BLAST×BLAST』(株式会社 積木製作)、ジェットコースターに乗ってするリズムゲーム『SIMVRHYTHM デモ』(株式会社 しのびや.com)の2つです。

今年の「第2回先端コンテンツ展」で、展示されていて行列が絶えず人気のあったコンテンツです。筆者も体験しましたが、非常に楽しかったです。

自遊空間NEXT VR

椅子がVR内の動きに合わせてガクンガクン動くので、コンテンツはスピード感があるものの酔いにくく臨場感が増します。

自遊空間NEXT VR

自遊空間NEXT VR

また気持ち悪くなった人用に緊急停止スイッチがついている安全設計です。

自遊空間NEXT VR

VRスタジオ3はGearVRが置かれてます。

自遊空間NEXT VR

自遊空間NEXT VR

他にボッツニューが5台、GearVR置かれた個室が20室、HTC Viveが置かれた個室が7室(こちらはルームスケールではなく、座って体験する用)あります。

自遊空間NEXT VR

自遊空間NEXT VR

image07

ボッツニューができるコンテンツは「ボッツニューアプリ」と、「scubardiving」「zombie」

GearVRアプリは『360Channel』『VRIDEO』『サムスンインターネット』『ジュラシックパーク』『Oculus Video』

自遊空間NEXT VR

利用にかかる金額は、

●ルームスケールでHTC ViveとSIMVR体験する場合
通常ブース室(1時間税込500円)+VRスタジオ(30分税込300円)=800円

HTC ViveやGear VRが置かれてる個室(1時間税込750円)+VRスタジオ(30分税込300円)=1050円

●VRスタジオは利用しないが通常ブースでボッツニューやGear VRを体験
通常ブース室(1時間税込500円)

●VRスタジオは利用しないが、個室でGear VR、HTC Viveを体験
完全個室(1時間税込750円)

以上に初回のみ入会金 税込360円がかかります。

7月22日現在、お得なキャンペーンもしているとのことでぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

(関連記事)
自遊空間、40台以上のVR機器を置いたネットカフェをオープンへ

しのびや、VRライドマシン「SIMVR」販売開始!コックピットの振動も再現

この記事を書いた人