プロ仕様の高性能360度カメラJaunt ONE 一般販売へ

360度VR動画の制作を手がけるJaunt社は、プロ級の高性能カメラJaunt ONEの一般販売を開始することを発表しました。

プロ級高性能カメラJaunt ONEとは

Jaunt社は、ポール・マッカートニーなどの有名アーティストのライブやABCニュースとのコラボなど、革新的な360度映像の制作に取り組み、様々なVRのプラットフォームで体験できるようなコンテンツを提供しています。

同社は360度カメラの開発にも取り組んでおり、2015年から提携企業向けに高性能カメラJaunt ONEの販売をしてきました。そのJaunt ONEが今月より一般コンシューマー向けにも販売されました。

Jaunt ONEの特徴は以下の通りです。
・シャッターセンサー付き24機のカメラアレイ
・8Kでの映像出力に対応
・露光調整機能
・20時間連続撮影
・雨など悪天候にも強い耐久性の高いデザイン

また、2017年度の全米放送事業者協会(National Association of Broadcasters)が主催する放送機器展覧会「NAB展」へのJaunt ONEの出展に際して、以下の新しい機能も追加されています。
・秒間120コマ撮影
・リアルタイムでのビデオ配信
・修正などをクラウド上で行えるサービスJaunt Cloud Servicesのアップデート

Jaunt社のハードウェア開発部門副代表のKoji Gardiner氏は「2015年に提携企業向けに販売を開始して以来、Jaunt ONEの需要はずっと高まっていました。一般販売開始で、映像会社などがさらなるクリエイティブな制作活動にJaunt ONEを使っていただければと思います。」とコメントしています。

Jaunt ONEの価格はまだ明らかにされていませんが、カメラ・レンズの海外通販大手のB&Hや AbelCine、Radiant Imagesなどで購入できます。

プロ仕様の360度カメラは、ノキアのOZOが日本国内でも展開を始めています。

(参考)
Jaunt ONE Camera Now Available To Consumers
https://www.vrfocus.com/2017/04/jaunt-one-camera-now-available-to-consumers/ (英語)

Jaunt社 公式ページ https://www.jauntvr.com/news/jaunt-one-professional-grade-vr-camera-available-purchase
(英語)

MoguraVRはVRfocusとパートナーシップを結んでおります。

この記事を書いた人

  • Ryo

    いろんな言語を勉強している言語オタクです。VRにも興味があるからVRオタクです。でもゴールデンレトリバーも好きだからゴールデンレトリバーオタクでもあります。VRにはゲーム以外にも教育や福祉、医療などでも大きな可能性があると思います。そんなVRを様々な側面からわかりやすく紹介できるようのほほんと頑張ります。

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ