映画のような本格的な実写VRコンテンツ制作に向けてプロ仕様をうたう360度カメラが登場

VRコンテンツの制作を進める米Jaunt社は、新たな360度カメラ「NEO」を発表しました。

Jauntは、Oculus RiftやGoogle Cardboard向けに実写のVRコンテンツを制作している会社です。イギリスの歌手ポール・マッカートニーのライブ映像や、アウトドアグッズブランドThe North Faceとのコラボ映像など、様々な実写コンテンツを配信しています。

ダウンロード

今回、Jaunt社が発表したVR向け360度カメラ「NEO」は、Jaunt社にとっては第5世代の360度カメラになり、プロ向けの映画のようなVRコンテンツを撮影するために開発されました。

Industrial Design by LUNAR.

以下のような特徴を備えています。

・高画質、高解像度な360度映像の撮影
・3D明視野のためにデザインされたレンズ
・暗い場所での撮影のためのセンサー
・HDR撮影
・完全に同期するシャッター・センサー
・タイムラプスの撮影と高フレームレートの撮影
・コンパクトで天候に強い

解像度などの詳細なスペックについては明らかにされていません。

Jauntは6月にGoogleから出資を受けることを発表するとともに、簡易VRデバイスGoogle Cardboardで体験できる映画のようなVRコンテンツの制作を進めていくことを発表したばかりです。今後、本格的な実写VRコンテンツの制作を進めるために、今回のNEOを開発したとのこと。どのようなコンテンツができるのか、楽しみです。

(参考)
JAUNT GIVES FIRST LOOK AT VR CAMERA CODENAMED “NEO” – THE FIRST PROFESSIONAL-GRADE CAMERA SYSTEM SPECIFICALLY DESIGNED FOR CAPTURING CINEMATIC VIRTUAL REALITY EXPERIENCES – Jaunt公式
http://www.jauntvr.com/neo-first-look?utm_source=Facebook&utm_medium=Facebook%20post&utm_campaign=Neo%20preview

この記事を書いた人

  • 慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ