360度動画のJaunt VR、世界最大のeスポーツ団体ESLと提携し、大会の様子を360度撮影

360度撮影を行うJaunt VRは、世界最大のeスポーツ団体Electronic Sports League(ESL)との提携を発表しました。

Jaunt VRはポール・マッカートニーの360度ライブやノースフェイスとのコラボ作品など数々の実写360度シネマティック映像作品を手がけてきました。資金もディズニーほかから既に100億円以上を調達しています。

関連記事:ディズニー、実写VRコンテンツ制作会社のJauntに6500万ドルを投資

ESLは、現在世界で盛り上がっているeスポーツの大会運営などを行い、eスポーツ界を牽引している団体です。全世界で500万人以上の登録会員を持ち、通算2000万回以上の試合を開催している世界最大のeスポーツ団体です。

ESLが今週末(11/21,22)にカリフォルニアのサン・ジョゼで開催するイベント「Intel® Extreme Masters」をJauntが360度撮影することが発表されています。eスポーツの試合は実況動画配信サービスのTwitchでも配信されますが、ゲーム画像と実況のみです。Jauntは、7万人以上が来場し熱気に包まれるeスポーツの会場にまるでいるかのような体験が可能になるコンテンツを配信したいとしています。

wide2

gamescom_winner_csgo

スポーツの実況中継はNextVRが取り組んでいますが、eスポーツも世界中にファンがいます。今週末のイベントがどのような360度映像になるのか注目したいところです。

またJauntは、TV・動画配信サービス「VIAPLAY」を提供する北欧のMTGxとの提携も同時に発表しています。

(参考)
Jaunt / MTGx, ESL and Jaunt partner to bring eSports to life through VR
http://www.jauntvr.com/mtgx-esl-and-jaunt-partner

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/