360度動画プラットフォームJaunt、AR/MRにも対応へ

VRコンテンツ制作やメディアプラットホームなど、VRに関する幅広いサービスを提供する米Jaunt社は、今後VRだけではなく、ARとMRのサポートに取り組んで行くことを明らかにしました。

VR関連の幅広いサービスを展開

Jauntは、2013年にVR映画や360度のエンターテインメントを見るためのプラットフォームとして登場しました。以降、ライブやスポーツなど360度動画を楽しめるVRアプリ『Jaunt』や、プロ仕様の高性能360度カメラ『Jaunt ONE』など実写中心の製品・サービス・コンテンツを発表してきました。また2017年10月にはディズニーから巨額の出資を受けるなど、エンターテイメント業界から大きな注目を浴びています。

Jount XRがAR・MRサポートに注力

同社は以前からVR動画制作を支援し、完成した動画を公開、ユーザー動向を分析できるプラットホーム「Jount VR」を提供してきました。そして今回、Jaunt VRは「Jaunt XR」と名前を変え、360度動画、参加型VR、ストーリーテリングVR、AR、MRなど、すべての臨場感あふれるコンテンツを配信するプラットホームとなりました。

また同時にXR用に構築されたメディア編集ツールも新しく提供をはじめました。28の言語をサポートし、XRコンテンツのデータを分析する機能も備えています。作成した動画はFacebook 360、YouTube 360​​、Twitterなど他のプラットフォームでも公開することができます。

技術を応用して手術トレーニングアプリも

今回、プラットフォームの公開に伴い、医療ベンチャー企業であるMedical RealitiesはJaunt XRを採用して病院でのガンの手術トレーニングアプリを開発しました。CEOのSteve Dann氏は、「Jauntと協力することで、VRでの顧客体験を強化し、さらにプラットフォームを利用して幅広く訴求することができた。」という感想を明らかにしています。

(Jaunt公式ページ)
https://www.jauntvr.com/
(Jaunt XR公式ページ)
https://www.jauntvr.com/xr-platform/

(参考)
Jaunt Expands VR Media Platform Into AR And Mixed Reality https://uploadvr.com/jaunt-xr-medi/

Mogura VRの新サービス!
VR体験施設の検索サイト「Taiken.tv」
VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」
公式Twitterはこちら!

関連するキーワード: JAUNTJaunt VR

この記事を書いた人

  • 田口大智

    明治大学文学部フランス文学専攻に在学中。明治大学硬式野球部引退と同時に休学し、日本マイクロソフトのインターンに9ヶ月間参加。Microsoft Azure やHoloLens 等の啓蒙活動に携わる。現在は米国ワシントン州シアトルに留学中。Twitter:@_taccho

  • Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!