日本HP製マイクロソフトのMRヘッドセット 開発者版が発売 現在は一時取扱停止

日本HPでは、Microsoft社のWindows Mixed Realityに対応するHP製の開発者向けMRヘッドセット「HP Windows Mixed Reality Headset(デベロッパーエディション)」の販売を開始しました。価格は49,800円(税抜)。現在(8月4日10時40分時点)は一時取扱停止となっています。

本ヘッドセットは、マイクロソフト社が展開するMRデバイス「HoloLens」と同じWindows Mixed Realityのプラットフォームを使用しており、没入型のVR体験が可能となっています。装着面については、上下に可変するフリップアップ式を採用しています。

HP Windows Mixed Reality Headsetには、HDMI2.0およびUSB3.0の2-in-1ケーブルが同梱されています。本ヘッドセットとWindows 10搭載のPCをつなぐだけで、追加ソフトウェアなどを必要とせずシームレスなセットアップが可能です。ヘッドセットには、モーショントラッキングセンサーが内蔵されているため、追加センサーも不要となっています。

本ヘッドセットは、解像度1440×1440(片方)、リフレッシュレートは最大90Hz。また、VR空間を自由に移動できる6DOFにも対応しています。

本製品が一時取扱停止となる前の8月3日16時頃、日本HPの担当者の方に本件に関して伺ったところ、本製品は8月3日から受注開始として受け付けていたとのこと。オンラインストアでの購入の際、購入可能な時点では納品が「最短受注後5日」と表示されていたことについても伺ったところ、「最初に入荷した分に対して引き当てが出来れば、購入者には最短5営業日で届く」とのこと。本デバイスの販売個数については非公開。次回以降の入荷予定については、状況に応じて検討、現時点では未定とされています。

スペック

ディスプレイサイズ

対角2.89インチ×2

解像度

1440×1440(片方)、2880×1440(両方)

リフレッシュレート

1440×1440(片方)、2880×1440(両方)

視野角

水平95度

トラッキングカメラ

フロント部×2

音声入力/出力

コンボポート×1

同梱ケーブル

・HDMI(2.0)およびUSB3.0との2in1ケーブル
・4mおよび0.6m(各1本ずつ 計2本)

価格

49,800円

推奨スペック

ノートPC

デスクトップPC

OS

Windows 10  Creators Update(バージョン1703)以降

Windows 10  Creators Update(バージョン1703)以降

プロセッサー

Intel  Core i5 デュアルコアプロセッサー( Hyperthreading対応)

Intel  Core i3 デュアルコアプロセッサー( Hyperthreading対応)、または AMD FX4350クアッドコア同等以上

GPU

NVIDIA  GeForce GTX965M
もしくは AMD Radeon RX460(2GB)同等以上 かつDirectX 12に対応

NVIDIA  GeForce GTX960/1050
または AMD Radeon RX480(2GB)同等以上かつDirectX 12に対応

メモリ

8GB

8GB

ポート

HDMIポート×1
USB3.0ポート×1

HDMIポート×1
USB3.0ポート×1

なお、本デバイスと同じプラットフォームを使用しているAcer製MRヘッドセット「Acer Windows Mixed Reality Headset」は、7月27日より予約受付を再開しましたが、公式ツイッターによると約10分ほどで予約定数に達していました。次回予約の詳細については、あらためて発表がなされるとのことです。

関連するキーワード: MRヘッドセットWin MRWindows MR日本HP

この記事を書いた人

  • ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」でライターをしています。Mogura VRではライティングなどを担当しつつ、VRの魅力を伝えられればと思います。

    Twitter:@MD5ch_com

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ