日本HP、VR対応GPU搭載のバックパックPCを発売

株式会社日本HPは、VR対応のバックパック型ワークステーション「HP Z VR Backpack G1 Workstation」を発表しました。同ワークステーションは、NVIDIAのクリエイター向けグラフィックボード「Quadro P5200」を搭載しているため、一般消費者向けのバックパックPCよりもパワフルな機種となります。

「HP Z VR Backpack G1 Workstation」は、海外では9月より発売中。日本での発売や価格は未定となってましたが、今回日本HPから販売されることになります。

日本HPのオンラインストア、日本HP販売代理店、HP Directplusコールセンター、HP Directpartnerにて、11月下旬より順次販売を開始します。価格は580,000円(税抜)。

「HP Z VR Backpack G1 Workstation」は、CPC「Intel Core i7 vPRo」を搭載、電源が入ったまま脱着を行えるホットスワップ対応の電源により、制限のない自由なVR体験が可能です。また、専用のドッキングステーションに装着することでデスクトップワークステーションとしても利用することが可能となっています。

また、VR用オプション製品として、HTC Vive  Business Edition Virtual Reality Head Mounted Displayも発売予定です。

「HP Z VR Backpack G1 Workstation」の詳細や体験レポートはコチラ
体感が軽く動作も軽い使用感 HPが発表したVR用バックパックPC「Z VR Backpack G1」

HP Z VR Backpack G1 Workstationの活用例

「HP Z VR Backpack G1 Workstation」は、次のような活用例を想定して製品化されています。

・危険な環境、医療訓練、重量やサイズが大きい装置の操作などのシミュレーション体験
・安全かつ効果的な研修。
・建造物の建設開発においての、仮想的に動き回って見せるウォークスルーを使用して様々な確認。
・ 製品開発においての、仮想ショールームで製品コンセプトを共有し製品化を迅速に進める。
・商業エンターテインメントの分野で同ワークステーションを用いたVR体験が提供できる新しいコンセプトのアトラクションが可能。

デスクトップワークステーションも発表

また、新デザインを採用したデスクトップワークステーション「HP Z8 G4 Desktop Workstation」、「HP Z6 G4 Desktop Workstation」、「HP Z4 G4 Desktop Workstation」の発表もされました。ハイエンドモデルである「HP Z8 G4 Desktop Workstation」は、VR対応となるNVIDIAのハイエンドGPUである「Quadro GP100」を2枚搭載しています。

製品名

価格(税抜)

販売開始日

HP Z8 G4 Desktop Workstation

300,000円~

11月下旬

HP Z6 G4 Desktop Workstation

276,000円~

11月下旬

HP Z4 G4 Desktop Workstation

189,000円~

2018年1月初旬

(参考)
日本HP プレスリリース
http://www8.hp.com/jp/ja/hp-news/press-release.html?id=2517594

関連するキーワード: Z VR Backpack G1日本HP

この記事を書いた人

  • ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」でライターをしています。Mogura VRではライティングなどを担当しつつ、VRの魅力を伝えられればと思います。

    Twitter:@MD5ch_com

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ