自動車メーカーのジャガー、VR体験試乗システムを強化

自動車メーカーのジャガー・ランドローバー・ジャパン株式会社は、VRとARを活用した車の体験試乗・商談をサポートするシステムを4月15日より、全国のジャガー・ランドローバー正規ディーラーネットワークにて導入したことを発表しました。

本システムの導入の伴い、フルサイズSUVの新型車「DISCOVERY」のコンテンツが開発されました。実物大サイズの3D映像で360度から見ることが可能で、素材やステッチといった室内空間の細かな部分まで、より現実に近い感覚で体験できるとのこと。

また、実車がない、もしくは展示車両が希望のカラーやグレード、装備と異なる場合でも、VRを用いることで、購入者がイメージされているものに近い状態で商談ができるとのこと。

試乗体験ができる正規ディーラー 一覧
ランドローバー http://www.landrover.co.jp/dealer-locator.html

なお同社は、2015年6月よりVRヘッドマウントディスプレイのOculus Riftを活用して実際の車両に試乗しているような感覚が体験できるVR体験試乗「ジャガー・バーチャル・ドライブ」および「ランドローバー・バーチャル・ドライブ」を導入しています。これまでには同社のサルーン「XE」の試乗体験にて、テニスプレイヤーの錦織圭選手の運転する新型XEの助手席に乗ってドライブデートができるという体験も提供されていました。

(参考)
https://pr.jlrj.jp/press/show/3295/land-rover

この記事を書いた人

  • ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」でライターをしています。Mogura VRではライティングなどを担当しつつ、VRの魅力を伝えられればと思います。

    Twitter:@MD5ch_com

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ